紺のように、碧く。

語彙力ないヤツがたまに現れて何かを書くヤツ。

わたしの好きな音楽(邦楽 / 男性ボーカル編)-前半-

 

どうも、紺野碧ですー!今回は…ででーん!!

 

blue1201.hateblo.jp


上記のブログにて紹介した音楽のうちの「邦楽 / 男性ボーカル」について語らせていただきます。
具体的には、各アーティストごとに「個人的語り」と「お勧めの曲orアルバム」を語っていこうと思います~!それでは、どうぞ!

 

※50音順に進めます。それと、語彙力が皆無なので中身がないかもしれません。なのでなんとな~くで読んでいただけると幸いです。

 

 

a flood of circle

《 個人的語り 》

出会いははっきり覚えてないですが2019年のいつか。「I LOVE YOU」を聴いたときに、チバユウスケさんの雰囲気を感じて一気に虜になりました。(とはいえ、3th4thしかちゃんと聴けていないんですけど...)

渋いブルースと痺れるロックンロールの融合。そして何よりもボーカル佐々木亮介さんの声が...ヤヴァイ。フラッドの音楽にぴったりな、最高に格好良いしゃがれた声。とにかく一度聴いていただきたいです。

 

《 お勧めの曲 or アルバム 》

・ZOOMANITY(2010)...乾いたロックンロールが最高すぎる。「Open The Gate -session #4- 」「百鬼夜行」「フェルディナン・グリフォン・サーカス」「Human License」が特に好きです。

・LOVE IS LIKE A ROCK'N'ROLL(2011)...こちらに関しては名盤が過ぎる。前作から更に洗練された感じ。「I LOVE YOU」「Blood Red Shoes」「Whisky Bon-Bon」「Sweet Home Battle Field」「Hide & Seek Blues」「The Beautiful Monkeys」が特に好きです。

 


ORANGE RANGE
《 個人的語り 》

 出会いは2004年、私が小1の頃。習い事で使っていたことがきっかけで好きになりました。何気に人生で最初に好きになったバンドです。

頭を空っぽにして聴ける(?)軽めのゆる~い曲と、ボーカル3人の声にそれぞれしっかりとした特徴があって良いですね...わたしは特にYAMATOさんが好きです。(イカSUMMMERのPVの長髪がすごく素敵......)

でもオレンジレンジをきちんと音楽的目線で聴いたのは2019年からです。韻をしっかり踏んでいるラップが好きなので、わたしが求めていたのはこれだ!!!!!って本気で衝撃受けたのが昨日のことのように思い出されます、、ラップ以外もクオリティ高いし...すごく人気があった中でしっかりした音楽がなっている...素敵です。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

 ・1st CONTACT(2003)...こちらは1stアルバムにしてもうすでに名盤で。あるときになんとなく聴いてみようと再生したら...惹かれました。特にラップの詰め込み方が心地よくって。ラップを聴きたくなった時はこのアルバムを聴きます。そしてこのアルバムには「ジャパニーズピープル」というオレンジレンジらしからぬ鬱曲があってこの曲が好き。あと最後には「山内中校歌」というメンバーの母校の校歌のカバーもあったり。それがまた青春感があって素敵なんです。

 ・musiQ(2004)...めっちゃくちゃ売れた有名すぎるアルバム。19曲も入っててバラエティに富んでる。以心伝信なんてシングルじゃなくてアルバム曲なのに認知されすぎですし、本当にこのアルバムの勢いを感じます。他には「ZUNG ZUNG FUNKY MUSIC」「謝謝」「祭男爵」「papa」「Oh! Yeah」が特に好きです。

他に単品で曲を挙げるならば、「ラヴ・パレード」(シングルで一番好き、コード進行がエモすぎてすごい)「O2」「*〜アスタリスク〜」「UN ROCK STAR」「チャンピオーネ」「イカ SUMMER」「イケナイ太陽」「おしゃれ番長 feat.ソイソース 」「SUSHI食べたい feat.ソイソース」...たくさんありますね。

 

 

GLAY

《 個人的語り 》

 出会ったのは2017年の春。ふとしたきっかけだったけれど、なんだか運命を感じてしまって。気になって2ヶ月でファンクラブに入会しました!( 笑 )そこからその年からライブに参戦して...今やわたしの心の実家。いろんなアーティストが好きな私にとって、帰ってくる場所があるってかなり安心します。もう、全てが別格。愛に溢れすぎてる。音楽は勿論、メンバーの人間性やファンへの愛まで全て愛しています。大信頼してます。GLAYという概念と結婚したい。

音楽的なことで語るならば...GLAYはとにっかく音楽がバラエティに富んでいて。メンバー全員が曲を描くので様々な曲が味わえます!優しく包み込んでくれる曲もあれば、ギッタギタに格好良い曲もあって。一括りにできない素敵な音楽ばっかりです!TERUさんの色っぽく男前な声、TAKUROさんの温かくブルージーなギター、HISASHIさんの鋭くトリッキーなギター、JIROさんのギターを支えつつ時には爆発するベース、TOSHIさんの安定感抜群なドラム!!最高!!!!
なんか、もうなんか好きすぎて語るにはキリがないので....詳しくはまた別の記事で語りたいなと思ってます。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

・REVIEW-BEST OF GLAY(1997)...言わずもがな、500万枚売れたスーパーアルバム。BELOVED→REVIEW→pure soulっていう発売の流れが本当に綺麗ですよね...!こんなに曲が良いし格好良ければそりゃ売れるわ!!!っていう...このアルバムはベストアルバムでありながら(?)インディーズ時代の曲である「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」と「KISSIN' NOISE」の再録が入っていてなんだかエモい。(2019年に発売したアルバムにもインディーズ時代の曲の再録があってこちらもめちゃくちゃエモいです。)ちなみにわたしがGLAY好きになるきっかけがこちらでした。
HEAVY GAUGE(1999)...とにっかく名盤。重さと軽さのバランスが絶妙...このアルバムはシングル曲が再録になっているのですが、個人的に「SURVIVAL」は再録の方が好きです!!!このアルバムでのツアーは発売当時の他に2019年春に行われたのですが、こちらの大名盤具合がこれでもか!ってぐらい伝わってきます。このツアーでわたしは「HAPPINESS」の良さに気づきました。他には「HEAVY GAUGE」「FAT SOUNDS」「LEVEL DEVIL」「生きがい」が特に好きです。
・ONE LOVE(2001)...このアルバムはGLAYの人気が少し落ち着いたころのアルバムなのですが、あの00年代前半特有のギラギラ感が詰まっていて...とっても好きなんです。内容も全18曲、HISASHIさんJIROさん作の曲も2つずつ入っていて(それ以外はTAKUROさん)しっかりしております!18曲もあるのに素敵な曲だらけでしんどい。「ALL STANDARD IS YOU」「嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)」「君が見つめた海」が特に好きです。

他にも ありすぎて困るんで、詳しくは別で記事にしたいのですが...簡単にすればこんな感じです、、( 笑 )

 


黒夢

《 個人的語り 》

 出会いは2017年末。GLAYを好きになってからプチV系ブームが訪れていた時に興味を持ちました。「ICE MY LIFE」に惹かれ、「Miss Moonlight」で好きになって聴くようになりました。黒夢は音楽性がどんどん変わっていくバンドでしたが、わたしはfeminism以降が好きです。V系寄りのポップスからパンクにかけての黒夢が個人的には好みでした。インディーズから1stにかけても聴いてみたんですけど...ビビりな私には向かなかったです、、怖くって( ;-;) でも本当に世界観が確立されていて、おどろおどろしいものが好きな人には絶対ハマる音楽だと思います。再結成後も「ゲルニカ」「アロン」「I HATE YOUR POPSTAR LIFE」あたりがとっても好きです。

でもどの時期にも共通するのが、清春さんの圧倒的カリスマ性。そして歌声...クセは結構ありますが、色気があって最高なんです。強烈で印象に残る唯一無二な声...憧れる。最近はそこに渋さまで加わっていてすごいです。そして清春さんは何より、グッズのクオリティが半端じゃなくって。アパレルブランドをつくられているからでしょうけれど、本当にセンスが好みすぎて。バックパックは今でも愛用しています!そうそう、人時さんのベースも大好きなんです。ゴリゴリでゾクゾクする音は本当に最高。

ちなみに清春さん率いるSADSも、清春さんソロもCDは持っているんですがあまり聴けていないです...が、SADSは「忘却の空」と「TOKYO」(両方シングル)、清春さんソロは「官能ブギ―」「夜、カルメンの詩集」(両方アルバム)がとても好きです。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

・feminism(1995)...このアルバムは上品な色気の塊。中性的な雰囲気漂う危うい曲が多くって好きです。ジャンルは一番統一感がないかもしれませんが、ベースとなるイメージが同じ印象です。「feminism」「眠れない日に見る時計」「LOVE SONG」「白と黒」「優しい悲劇」「Miss Moonlight」が特に好きです。

・CORKSCREW(1998)...こちらはパンクロック期の最高傑作。音質から最高。シンプルな音作りだからものすごく清春さんの声が映えます。(清春さん関連の音源は基本的にボーカルのボリュームが大きい印象ではありますが...)「MASTURBATING SMILE」「後遺症 -aftereffect-」「MARIA」「少年」「TELL」が特に好きです。

他には上のトピックで書いた曲と...「ピストル」「FAKE STAR」「Like@Angel」「Spray」「BAD SPEED PLAY」「BEAMS」「SEE YOU」が好きです!

 


SURFACE

《 個人的語り 》

 出会いは2015年。そう、キングオブコント2015でのコロチキのネタ...で知りました( 笑 )わたしはお笑い好きでもあるのであのネタを観たときにビビっときて。そこから「さぁ」を好きになり、しばらくそれ止まりだったんですが...確か2017年頃にアルバムを買ったりしてどんどん惹かれていきました。永谷さんが作るファンクロックで時にはちょっとダサ格好良い曲と椎名さんが書く励まされたりちょっと情けなかったり色気があったり甘々だったり...な歌詞の融合がたまらない。そこに乗っかる椎名さんのしゃかりきで色っぽい声は最高。ほんっといいんですよ...

そういえば、再結成後のライブに一昨年行ってまいりましたが...椎名さんの歌声が衰えなさ過ぎてびっくりしました。そして永谷さんとのやりとりはまるで漫才でした( 笑 )

ちなみに、椎名さんのソロもちょいちょい聴いてます。人生スパイスとRABBIT-MANが好きです!


《 お勧めの曲 or アルバム 》

・Phase(1999)...1stアルバムとは思えない素晴らしいアルバム。このアルバムきっかけでSURFACEを好きになりました。「それじゃあバイバイ」「さぁ」「なにしてんの」「空っぽの気持ち」「ふたり」「ジレンマ」が特に好き。

・ROOT(2001)...個人的に一番好きなアルバム。ファンキーでチカラ強い音楽がたくさんで全曲良いんですよ....もう無敵。このアルバムの魅力を上手く伝えられないのがつらい。「.5(HALF)」「御褒美」「Super Funky」「ボクハミタサレル」「about love」が特に好きです。

SURFACE(2001)...SURFACEのいいとこどり!って感じのベストアルバム。入門に絶対お勧めな一枚です!!!上記に書かせていただいたものの他には「Room」「君の声で 君のすべてで...」「なあなあ」「ゴーイングmy上へ」、そして「alibi」!!!!この曲は罪なんです..だいぶクズな歌詞なんですけど、その歌詞と歌声が見事にマッチしてて大好きです...裏声がめちゃくちゃセクシーなのでぜひ聴いてみてください!!

他には「平和なことか」が好きです。あーいしてるぅっていって!!!!!

 

 

THE YELLOW MONKEY

《 個人的語り 》

 出会いは多分2012年ぐらい。当時好きだったNON STYLE石田さんが「JAM」をとある雑誌で挙げていたのがきっかけでちょっと聴いてた記憶があります。その後、好きになったKinKi Kidsのお二人が昔番組で「楽園」と「球根」を歌っていたり、母親がカラオケで「楽園」と「SPARK」を歌っていたりしてなんだかいいな~と思っていた時に再結成されて。「砂の塔」を歌番組で聴いて好きになって。それから砂の塔のシングルを買い、そこで聴いた「ALRIGHT」に衝撃を受けて。そこからアルバムを買い始めました。

色気ある曲が多くってグラムロック最高...って思います。ほんっと、歳重ねてあんなに格好良い方々なかなかいないなって。全員長髪が似合うってすごすぎません!??そしてPVが鮮やかで大好きです。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

 アルバムっていうよりは気に入ってる曲をヘビロテしてるって感じなので、特に好きな曲を上に書かせていただいたもの以外で紹介します。

・BURN(1997) ...イエモンで一番売れたシングル曲。イントロから抜かりなく格好良すぎる。鍵盤が入っていたり、クセになるリズム感だったり、出だしが「ぁあ~かく~」みたいな、絶妙な歌い方が好きです...色っぽいロックといいますか、後に現れる椿屋四重奏がとってもイエモンの影響を受けているんだろうなって伝わります。(本当にトリビュートでこちらをカバーしてましたしね)

・LOVE LOVE SHOW(1997)...こちらは歌い出だしの前のギターフレーズが印象的な一曲。最近になってめちゃくちゃ好きになりました!この曲、歌が主役といいますか...主旋律が終始すごく頭に残ります。まあ、伴奏もコミカルな感じですごいんですけど!!極めつけにはがんばっちゃうもんねーなんて、歌詞が...すごい。(語彙力)あと何よりPVがめちゃくちゃ面白くって。...ハイセンスすぎません????

・花吹雪(1997)...この曲はまさに歌謡ロック。アルバム曲なのが不思議なぐらい好きです。いろんな音がたくさん鳴る、そんな音遣いが好きです....間奏とか最後に鳴っているの鍵盤の音なんてわたしの家にある電子ピアノにある音に似ていて懐かしくなったんですよ!!!!(知らないよ)

・LOVE COMMUNICATION (1995)...めっちゃくちゃ好き。いや、さっきまで話してた曲も好きなんですけど!!...この曲はイントロのギターからもう、うわあああああああってなる。サビの組立てなんかはイエモンならではって感じがします。楽園とかもこんな雰囲気がする。あと、PVがこちらも煌びやかで最高!!!!びっくりするのがこのPVの監督が吉井さんっていう.....天才..........?

 


・ササキオサム

《 個人的語り 》

 MOON CHILDのボーカルの方です!出会いは確か2017年だったかと思います。ムンチャイを本格的に好きになってから「メタフィジック」を聴いて惹かれ始めました。佐々木さんの色気がある歌声は今でも健在です。素晴らしい。(のちのち佐々木さんがボーカルギターをしていらっしゃるSCIRIPTやMOON CHILDも登場します...)


《 お勧めの曲 or アルバム 》

アルバムはあまり聴き込めていないので曲単体でのご紹介です!

・メタフィジック(2014)...MOON CHILDのESCAPEを彷彿とさせるようなオトナな雰囲気!!!!好き!!!!A.Bメロの妖しさがたまらないし、サビのキャッチーなメロディーラインがとても良いです。...まあ、何よりも曲調に声が合いすぎて最高すぎます。

・フラグメント(2014)...こちらもESCAPEっぽさがある、妖艶かつ疾走感ある音遣いが光る一曲です。サビの言葉数が少なくて緩やかで広がりのある主旋律なのがとっても好きです。

・Taboo(2020)...こちらも!!!!ESCAPEみある曲です!!!!!厳密に言うとSASAKI OSAMU TRIO BAND名義なのですが、こちらに入れさせていただきました。いや~...この手の楽曲は佐々木さんのお声に合いすぎるんですよ。爽やかな曲調とかシンプルなロックンロールも良いんですけど、やっぱり...ちょっと艶でセクシーな雰囲気がお似合いだと思うんです。なので近年の曲は特にこの系統の曲ばかり推してしまいます。どうしても...ササキオサム×妖艶が唯一無二すぎて好きです。

 


the pillows

《 個人的語り 》

 出会いは2017年。GLAYを好きになってTHE PREDATORSを知った流れからピロウズを聴くようになりました。初めて買ったのが「OOPARTS」で、1曲目の「Dance with God」にビビッときてからオリジナルアルバムは確か半年ほどですべて揃えてしまったほど気が付けば好きになっていました( 笑 )一時期は「Ride on shooting star」や「I think I can」ばかり聴いていたり、「Ladybird girl」や「Tokyo Bambi」のきゅんとくる可愛い曲ばかり聴いていたり、「ターミナル・ヘヴンズ・ロック」や「ノンフィクション」「バビロン天使の詩」「slow down」など...ピロウズには個人的ブームになる曲がたくさん存在しています!!!!ピロウズは何てったって、シンプルなオルタナロックが最高ですよね。それにずっと音が若々しい。現在メンバー全員平均年齢50歳超なのが信じられないなって思います。そして、陰の者の味方でいてくれる歌詞が多くて救われます。...と思えばラブソングはとびきりピュアで可愛らしくって。好き。

the pillowsといえば「Please Mr.Lostman」からの第3期で、わたしも大好きなのですが...第2期も良いと伝えたいです。あのお洒落で落ち着く音楽が評価されなかったなんて...でも第2期の路線のままピロウズが進んでいたら第3期のピロウズには出会えなかったと思うと....これは永遠に悩む。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

・LIVING FIELD(1995)...第2期の大名盤。ソウルやジャズやレゲエやボサノヴァ...今のピロウズとは全く違う作風の曲ばかりなのですが、全て素晴らしい。前作の「COOL SPICE」もですが、なんで評価されなかったんだろう?って本気で思っちゃいます。さわおさんの歌声が今よりもずっと若くて弱々しくってなんというか...きゅんとします。朝早く起きてから優雅にコーヒーを飲みながら聴きたい、そんな一枚です。本気で全曲好きなんですが...「Something like a romance」と「THE KILLING FIELD」は中でも特に好きです。

・HAPPY BIVOUAC(1999)...第3期の大名盤。意味が分からないぐらい好きです。最初から最後まで素晴らしい!音は明るいけどどこか落ち着いてるって感じの曲が多いので、いつの時間にも馴染むと思います。あと、ピロウズの中でも有名でカバーされることの多い名曲「Funny Bunny」はこのアルバム収録です。そう、実はアルバム曲なのです。驚きますよね....!?でもこのアルバムはそんな名曲と同等、あるいは超えてしまってるのでは?という曲だらけ。マジでとばす曲など存在しない。すべて好きですが、「LAST DINOSAUR」「カーニバル」「Crazy Sunshine」「Kim deal」「Beautiful morning with you」は特に好きです。幸せ物質がドバドバ出る一枚ですね。

・RUNNERS HIGH(1999)...第3期の大名盤。シャリつくような鋭い音圧が最高。そしてこのアルバムはパンキッシュなロックナンバーからしんみりバラードまでバランスよく入っていて、通して聴くとそのグラデーションのような流れを感じられて素敵なんです。そんな一枚から、個人的には「Sad Sad Kiddle」「Juliet」「White Ash」のようなイカした音の曲と「Wake Up, Frenzy!」「NO SELF CONTROL」のようなどこか不思議なコード進行で引っかかりのある曲を強く推します!

他にも好きなアルバムだらけですが、キリがないのでこの(好きすぎて語彙力なくす)3つに絞りました!ちなみに下2枚は再現ライブにも行きましたが、最高すぎました。好きな曲...挙げればキリが無いなと今更ながら気づいちゃったので、別で記事を書きたいなと思います。

 


THE PREDATORS

《 個人的語り 》

 出会いは2017年。GLAYを好きになった流れで聴くようになりました。プレデタはthe pillows山中さわおさん、GLAYのJIROさん、ELLEGARDENの高橋宏貴さん(前はストレイテナーナカヤマシンペイさん)という...なんて豪華なメンバー!!!!!それぞれ母体のバンドがあるので、活動はそう多くはないのですが数年に一度のペースで出されるミニアルバムとそちらを引っさげたツアーは最高です。(2018年にツアーに行ったのですが、まさかの最前列でジロウさんを間近で拝めてしんどかったです...)

音楽としては当初「ポップなニルヴァーナ」というテーマのシンプル格好良い感じでしたが、ラモーンズっぽさを意識していたりと最近はニルヴァーナに留まらない楽曲が多いです!!!とにかくわかりやすく、そしてわかりやすいが故に短い曲が多いので聴きやすくって好きです。

そして、プレデタのPVはとってもお洒落!!個人的に一番好きなのは「THIS WORLD」のPVです。ギッラギラな背景とジロウさんのグリッターのベースと....とにかく素敵なんです。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

・Hunting!!!!(2005)...1stアルバム!!!!全体的に爆発的な曲がそろっています。お勧めは「Recall me」!!!!ドラム→ベースライン→ギターの流れが見事で、そこからの歌もアングラというか...とにかく良いんです....語彙力なさ過ぎて上手く表せられないですが、、

・牙をみせろ(2008)...2ndアルバム!!!1stと比べてポップな曲が多いような気がします。ドカドカと重さのあるリフが癖になる「ROCK'N'ROLL LAY DOWN」や、どこかゆるいロックな「SHOOT THE MOON」、少し溜めたようなリフと重厚感のあるドラムが心地良い「GUN LOCK」が特に好きです。

・ROCK’N’ROLL PANDEMIC(2015)...ラモーンズを意識した、ロックンロールミニアルバム!!ちょっと懐かしい感じの曲が多くていいです。シンプル格好良さは健在!「LAID BACK BOY'S BLUE」「Typhoon Jenny」が特に好きです。

 


・THE BOHEMIANS

《 個人的語り 》

 出会ったのは、2019年の秋。今やもう、わたしの永遠の憧れ。楽曲も良ければ、ビジュアルも良ければ、思想も良い……最高のロックンロール(+グラム&ポップ)バンド!!!!!わたしに音楽の魅力を改めて教えてくれた方々です。ライブにも行きましたが...ほんっとうに最高すぎる!!!!!心が動かされるし、恋せずにいられない!!!もっとたくさんの人に知っていただきたすぎるバンドです。ボヘに関しても語るとキリがないし、また後日、改めて語りたいな.......


《 お勧めの曲 or アルバム 》

・That Is Rock And Roll ~Best Of THE BOHEMIANS~(2018)...大名盤of大名盤。全人類聴くべきアルバムです。本当に最高すぎて泣きます。絶対絶対聴いて損はない。好きな曲?....全曲だよ!!!!!!!!!!!ちなみに全16曲中9曲が再録版で、その曲たちはどれもパワーアップしてます。最強です。とりあえず、聴いてみてください。

・the popman’s review(2019)...わたしがボヘを好きになったきっかけのアルバム。タイトル通り、全体的にポップな雰囲気でノリノリで聴いていたらあっという間に一周しちゃいます。個人的には、卒論の作業で行き詰まっているときにこのアルバムを聴いて救われたという思い出があります。「La-La-La Lies」「ツイスターズのテーマ」「I Don't Care That Pretty Girl」が特に好きです!

・BOHEMIANS FOR LIFE(2012)...こちらは古き良きロックンロール色の強いアルバム。キャッチ―で、どこか懐かしくって、キラキラしていて...本当に良すぎます。「MONO」「The Comeon」「もしも 〜if〜」「つめたくしないで」が特に好きです!

上記のアルバム以外に入っている曲だと「ガールモーター女サイクル」「ハイパーデストロイでクラッシュマグナムなベイビージェットよいつまでも」「見える女」「ポーラ」「私の家」「ビート!ビート!ビート!」が特に好きです!!!!近いうちにゆっくりと語らせていただきたいなと思います。

 


The Mirraz

《 個人的語り 》

 出会いは2013年春。高1の頃、当時好きだった芸人さんの影響で聴くようになりました。そしてここ数年で改めてミイラズの良さに気づきました。ミイラズは良く「アクモンのパクリ」と言われがちです。否定もできませんが(本当に...似ている曲が結構....)、アクモンの要素をうまく吸収してこんなに格好良い曲が作れる畠山さんってやっぱりすごいです。そして歌詞が人間味あふれていて。固有名詞を多めに用いるので個人的な気持ちを綴っている感がすごいのですが...どんなテーマであれ、素直でまっすぐでピュアでとっても好きです。...それ故に言葉数が多すぎてカラオケで歌おうとするとカミカミになりがちですが( 笑 )

音楽ジャンルは試行錯誤していて一時はEDMロックにガラリと変わって当時わたしは戸惑いがすごくて離れたりもしました。(...が、今聴くとめっちゃ格好良いんだな...これが)ですが2017年に独立されてからはずっと確立されてきたガレージロックと暗さを感じるリフの音楽を貫いております。実験的なことをすることも多いバンドだと感じるのですが、根本のところがこれからも変わらないんだろうなって思うと安心できます。純粋に音楽を愛しているんだろうなって伝わるのがこのバンドです。気軽に遠征できるようになったらライブにも行きたいな......

そして忘れちゃあいけないのが、畠山さんのハイスペック加減....曲作りは勿論ですが、グッズのデザインやPV制作までしていらっしゃって。そのすべてが素敵なセンスをしていらっしゃるんです。特に代表的なのは、ミイラズのオリジナルキャラクターである木乃伊(キノイ)くん。ツイッターもあって超可愛いので宜しければ、ぜひ。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

 ・be buried alive(2006,2010)...0thといわれているアルバム。もっと知られるべき名盤。ジャケ写も音楽もまるでアクモン...ですが、それだけじゃない魅力が詰まった一枚。格好良さと情けなさの共存感。この頃の畠山さんの歌声、好きなんです...「勇者になりたいさまようよろいは今日も一人で考える」「ミラーボールが回りだしたら」「オーノー」が特に好きです。

・夏を好きになるための6の法則(2013)...ミニアルバムですが全曲本当に良い。このアルバムは全6曲中4曲もPVが作られております。なのに、一番好きな「CLove GAME」にPVが作られておらず...ちょっぴり悲しいです、、( 笑 )他には「NEW WORLD」「Fireworks」が好きです。

・BEST! BEST! BEST!(2016)...こちらはベストアルバム!!!2枚組全40曲という何ともサイコーなアルバム!!!独立前までの曲がこのベストで大体は把握できます。(けど良い曲多すぎて40曲でも入りきれてない感は否めない)ミイラズをとりあえず聴いてみよう!という方には絶対的にお勧めできます。さあ、とりあえず聴きましょう。(洗脳?)

上記にアルバム以外に入っている曲だと、「傷名」「アナーキーサヴァイヴァー」「ラストダンスとファンデーション」「走れ魔法使い」「三千世界よりロンドンスタイル」「なんだっていい//////」「朝、目が覚めたら」「S.T.A.Y.」「土曜の原宿マジでクソ」「Get Money」「Only Only Only」「ダガー」「Hey!!Ya!!」「バタフライエフェクトを語るくらいの善悪と頑なに選択を探すマエストロのとある一日」「ッ!」...他多数です。ありすぎてやっぱり個別でブログ書かなくては.....

 


Syrup16g

《 個人的語り 》

 出会いは2019年。ゲーム実況者の牛沢さんの影響で「Reborn」を聴くようになり、たまに何となく聴いてました。そして年末あたりから他の曲も聴くようになって...という流れですね。シロップの曲は鬱ロックなんて言われることもあるぐらい、暗い歌詞が多いんですけど...鬱ロックなんて言葉で表してはいけないと思ってます。めちゃくちゃに人間味があって、人間誰しもが持っている気持ちをこれでもかってぐらい素直にぶつけてくれる...そんなバンドがシロップだと思ってます。弱さを曝け出す強さ、みたいな感じでしょうか。これからもっと聴きこんでいこうと思います。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

アルバム1枚、曲3つ紹介いたします。

・HELL-SEE(2003)...シロップの中でもかなり暗めのアルバムで、タイトルは2つの意味がかかってます。シングルを出す予算でフルアルバムが作られ、15曲1500円というとんでもないお値段で発売されたそうです......!予算的に音質もあまりよくないのもあり(のちにリマスター版が出ましたが)このアルバムは聴いてるとすんごい沈む感覚に陥ります。夜中に一人で聴くともう、すごい。7拍子で言葉の畳みかけが心地良い「イエロウ」とポップな音でエモいメロディだけど歌詞が悲愴的な「吐く血」をよく聴いてます。

・Reborn(2002)...生きていて感じる気持ちを歌っていて、あぁ....なんかいいなあ....ってしみじみしちゃう曲です。アコースティックな感じで始まるかと思えば、平穏では終わらない感じの音作りが好きです。

・生きているよりマシさ(2014)...曲調自体にはあんまり感じませんが、こちらもかなり暗めの曲。歌詞は終始生きていることへの絶望...けど、どこか救われるんです。こう思っているのは自分だけじゃないんだって思わせてくれるというか。心の内を描写している感じがして、とても好きなんです。日々一生懸命に生きてる人にしか書けない詩だと思います。

・冷たい掌(2015)...この曲はすごい。めちゃくちゃ変則的なリズムで不思議な感じなんだけど、メロディラインが綺麗すぎて心地良くって.....好きです。2010年代にこの曲が生まれたってすごすぎないですか...?どう生きていたらこんな曲が浮かぶんだろう...五十嵐さんすごい。夜、映画館で聴いてみたい一曲。

 


SCOOBIE DO

《 個人的語り 》

 出会いは2017年だったと思います。確かファンクが好きな私にフォロワーさんがお勧めして下さり...そこから好みすぎてハマりました。スクービーはなんていったって!スーパーファンクバンド!!!好きに生きようぜ!好きに踊ろうぜ!っていう勇ましくハッピーな世界観で...もう最高です。どこまでも人間じみているコヤマさんの歌声と、ファンクを軸に持ったパワフルな音の融合.....好きすぎる。わたしの音楽好きがここまで加速したのは2014年頃にファンクミュージックとの出会いがあったからだと思っているのですが、スクービーの音楽はまさにわたしが求めていた音で。衝撃だったな...と。

ちなみに2018年に今はなき天神コア屋上でのフェスにスクービー目当てで参戦したのですが....圧倒されました。ライブ行った方が良いよ!と言われた意味が分かりました。音楽を愛しているっていうのがものすごく伝わりました。いつか単独ライブも行きたいですね...


《 お勧めの曲 or アルバム 》

 アルバム2枚、曲1つ紹介いたします。

・DOIN' OUR SCOOBIE(1999)...インディーズ時代の1stアルバムとは思えないほどの高クオリティ。とても落ち着く...けど熱いものを秘めている素敵なファンクです!音質も古めかしくってわたしのツボです。「白い蝶々」「気まぐれ天使」が特に好きです。

・GET UP(2002)...メジャーデビュー作のミニアルバムです。わたしがスクービー好きになったきっかけである「Get Up」が収録されています。もう...全5曲どれもほんっっっとに好きです。終始アップテンポでウキウキします。ちなみに5曲目の「RIDE ON TIME」は山下達郎さんのカバーなのですが、めちゃめちゃ合っていて最高なのでぜひ....

・アウェイ(2016)...こちらは比較的最近の曲です。お洒落でとにかくサビがインパクトあって好きです。ちなみに聴いていただければお気づきになるかもしれませんが、この曲のイントロとSuchmosのSTAY TUNEのイントロ...入れ替えても違和感がなさそうなんです。で?って思うかもしれませんが、驚くことに発売日がほぼ同じ.....凄すぎません!???わたしは両方好きなのでなんだか運命を感じました。

 


・SCRIPT

《 個人的語り 》

 出会いはおそらく2018年。SCRIPTはMOON CHILD解散後にボーカルとベースで組まれたユニットなので、ムンチャイを知った時点で存在は知っていたかと思われますが...あるときにブックオフでアルバムを発見し購入したところから少しずつ聴くようになりました。アルバムは5枚ぐらい持ってはいるのですが、あまり聴きこめてないです....しかしながら佐々木さんの歌声は本当に素晴らしいんです.....ってことを伝えたい。

ちなみにSCRIPTとしての活動で個人的に驚いたのが...中原杏先生原作漫画・アニメ「きらりん☆レボリューション」に登場するSHIPSというアイドルユニットがいるのですが、そのユニットが歌っている「TOKYO FRIEND☆SHIPS」という曲の作詞・作曲・編曲・コーラスをなんと佐々木さんが手がけていて、さらには渡邊さんがベーシストとして参加されていたのです!!!!当時アニメを観ていたわたしにとっては衝撃しかなかったです。この事実にこんなにも驚ける人私だけ説あるかもですね。(それはない)


《 お勧めの曲 or アルバム 》

・Body Language(2001)...一言でいえば、ドキドキします。音も声も...やっぱり佐々木さんは切なかったり色っぽかったりな曲がよくお似合いになられる。(爽やかな曲も良いんですけど!)「サイレン」「Inspiration」が特に好きで...2曲ともムンチャイのESCAPEみある曲です。あの佐々木さんの雰囲気は唯一無二で大好きなんです。あとは「思春期」「Cause you're avoiding sunshine」「いじわる」「コイノダンスホール」「Stripe Blue」もとても好きですね....

 


ストレイテナー

《 個人的語り 》

 出会いは2017年だった気が...それ以前にもスネオヘアーのCDを買おうとブックオフに行ったら隣にいらっしゃった...というパターンが良くあったので、バンド名だけ知っておりました。GLAYのJIROさんが「TITLE」を推していらっしゃったことと、THE PREDATORSのドラムであるナカヤマシンペイさんの母体のバンドであることから興味を持って聴くようになりました。

ストレイテナーは何よりホリエさんの歌声!!!!!!!!突き抜けているのに耳当たりの良い声で。響きが日本人離れしているといいますか....こんな声聴いたことない。シンプルに。とりあえず聴いてみてください、魅力的すぎるぐらい魅力的なので。


《 お勧めの曲 or アルバム 》

 ・TITLE(2005)...聴くようになったきっかけのアルバムです。とはいえ、このアルバムしか聴いていないといっても過言ではないんですが、、、先述した通りホリエさんの歌声が好きすぎますし、重厚なブリティッシュロック...良いです。「SAD AND BEAUTIFUL WORLD」「PLAY THE STAR GUITAR」「泳ぐ鳥」「TENDER」「KILLER TUNE」が特に好きです!

・ストレンジカメレオン(2019)...ホリエさん名義ですが、めちゃめちゃいいです。タイトルでお気づきかもしれませんが、the pillowsのカバーです。ピロウズの30周年記念で制作された映画「王様になれ」の劇中で歌われたのですが、惚れました。声質にゆったりした曲が合っていて....ギター一本でしっとりと歌われているのでホリエさんの歌声を堪能するにはもってこいです。もちろん、本家であるピロウズの方も良いです!!!

 

 

 

...今回はここまでです!!

男性ボーカルのアーティストとなると多すぎて長ったらしくなるもので、、続きは後半にて書かせていただこうかと思います。

それではまた~!

 

 

 

わたしの好きな音楽(全体図)

どうも、紺野碧です。(ちょっぴり改名しました~)

大変長らくお待たせいたしました...好きな音楽について語ろうと思います!

とりあえず今回はざっくりカテゴリ別に好きなアーティストや傾向を並べて、後々それぞれのカテゴリーに対して1つ記事を作って語っていこうと思います!!それでは早速...

 

《好きな音楽の傾向》

・ジャンルはロック、ファンク、ポップス、渋谷系V系、歌謡曲…素敵だと思ったものは基本的に何でも聴きます。(インド音楽...I-POPなんかも聴いてみたり...)

・声の好みとしては落ち着いている色気のある低めな声が好きなんですが、音楽に関しては曲調に合っていたら割と何でもアリ!です。(ただ、ロックバンドの甲高い男性ボーカルだけは....)

・基本的に90年代後半~00年代前半の音楽推しです。90年代後半のちょっと重たい感じ...季節でいえば冬っぽい感じがたまらなく心に響くし、00年代前半の良い意味で軽くキラキラ!な季節でいうと夏!って感じがすごく心地良くって好きです。

・音楽は基本的に歌詞よりも曲調で好きになります。歌詞なんて呪文レベルで、基本的に意味は理解していません。...が、好きになったアーティストに関しては歌詞もたまに読むので「えっこんなに良い歌詞だったんだ...」と驚くことが頻繁にあります。

・CD収集が長年の趣味で部屋には何百枚もCDがあります...音楽の好み的に中古を購入することが多いです。

 

 

《好きなアーティスト》

ひとつだけ申し上げますと...好き≠詳しいです!!!!

そして、いくつかのアーティストに関しましてはすでに記事を書かせていただいているのでリンクを載せておきます。

 

【 邦楽 / 男性ボーカル 】(50音順)

a flood of circle
ORANGE RANGE
GLAY(推し)
黒夢(SADS清春も少々)
SURFACE
THE YELLOW MONKEY
・ササキオサム
the pillows
THE PREDATORS
THE BOHEMIANS(推しパート2)
The Mirraz
Syrup16g
SCOOBIE DO
・SCRIPT
ストレイテナー
スネオヘアー
椿屋四重奏
堂島孝平
・DOES
flumpool (初期)
ポルノグラフィティ
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
MOON CHILD
・ゆず
UNISON SQUARE GARDEN
・La'cryma Christi
・rough laugh

WANDS

 

【 邦楽 / 女性ボーカル 】

GARNET CROW
小島麻由美
小松未歩
・THE★SCANTY
the brilliant green
・Superfly(初期)
Tommy february6
ともさかりえ(シーナリンゴ曲中心)
・noodles

 

【 他国のアーティスト 】

Arctic Monkeys
・Above Envy

Daler Mehndi

 

【 女性アイドル 】

モーニング娘。

藤本美貴

タンポポ(初期)

松浦亜弥

太陽とシスコムーン

メロン記念日

ハロプロシャッフルユニット

山口百恵

・少女時代

 

 

【 ジャニーズ 】

KinKi Kids

TOKIO

・嵐(初期中心)

Sexy Zone

A.B.C-Z

Snow Man(推しパート3)

SixTONES

 

 

【 芸人さん関連 】

Day of the legend

藤井隆

椿鬼奴

50TA

野猿

ポケットビスケッツ

KOJI1200

 

 

【 2次元関連 】

・アニメ「日常」全般(キャラソンも含む)

・ボカロ(2012年ぐらいまでの曲止まり)

・deemoの音楽

ツキプロ。後続ユニット(SOARAGrowthQUELLSolidS

 ・声優さんの音楽(寺島惇太仲村宗悟など)

 

とりあえず、ざっくりいうとこんな感じです!

(本当にたっくさん聴いているので、この曲が好き!ってアーティストさんは他にも数多くいらっしゃいますし、忘れているものもあるかもです...)

 

これから少しずつ更新していきますので宜しくお願い致します~!!

 

 

【改】堂島孝平について知っていただきたい (後編)

どうも、紺碧です。

今回は後編ですー!こちらも長いですが、読んでいただければ嬉しいです。

※こちらは2017年9月に投稿した記事を修正+加筆したものです。

○わたしが堂島ファンになったきっかけ

さて…やっと(?)個人的な話をします。
好きになったきっかけ、といたしましては...やはり堂島沼あるある、キンキきっかけで気になったんですよ。それが2014年末ぐらいだったと思います。「キラメキニシス」「SPEAK LOW」に惹かれまくりました。

そこでブックオフに行って「黄昏エスプレッソ」を購入したのですが、、しばらくはあんまりハマらなかったんですよね…!

ですが、「VIVAP」を購入してから気持ちが一転したんですよね。一気にシティポップに引き込まれました。そこからはずっと大好きです。
ほんと、なんで好きになったのか全く不思議なんですよ。高めの声の男性ボーカルを好まないので...でも明らかに好きなんですよ。なんなんだ、この気持ちは……


○お勧めの楽曲は?

さーてさて!先ほどまでに話したことを踏まえて…紹介していきますよ〜〜〜!!!!

しかしながら、堂島さんって前にかいたとおりルーツミュージックがなくて自分で年々新しいものを生み出す方だからなかなかこれ!っていう選び方ができないのですが…長々書くのも如何なものかと思い、今回は10曲に絞って推していこうと思います!(YouTubeにあるものはURL貼っておきます!)

①彼女はヤキモチ焼き
→1994年「Hot Wave Festival 15th Anniversary 〜Best Selection Vol.1〜 Teenage Story」に収録されています。…つまり、デビュー前の曲です。堂島さんが高校1年の頃に謝恩会で歌ったらしいので、かなり前から存在している曲かと思われます。

…この曲はとにかく歌詞が恋愛色!!!!!!
ヤキモチ焼いている彼女に対して、「信じて、俺はお前だけしか好きじゃない」「ヤキモチ焼いてるってことはそれだけ俺のこと好きなんだ…?」「あんなに可愛い彼女にヤキモチ妬かれるのも悪くないね」みたいな.....とにかくなんて歌詞を書いたんだ!!!!と小一時間問いただしたくなりますコレ。

極め付けは
「ベイベーハニーザッチューウー♪」というフレーズ。大サビ前の盛り上がるところで気持ちよく歌っています……
と!て!も!す!き!!!!!!!

youtu.be

葛飾ラプソディー
→1997年「葛飾ラプソディー」、2011年「BEST OF HARD CORE POP!」収録。
これは堂島孝平の代表曲といっても過言ではない一曲!!!!!こち亀の曲でございます!!!!!!堂島孝平入門にこの曲は欠かせない!!!…ちなみに、私が生まれた頃の曲ということでもう20年前の曲。恐ろしや。

 

③ロンサムパレード
→1997年「トゥインクル」、2000年「Sky Driver 〜1st anthorogy〜」収録。
周りの堂島孝平ファンの中でかなり人気のある曲!私も初めて聴いた時衝撃を受けた記憶があります。滑らかに流れるメロディが綺麗なんですよ!切なかわいい。

 

④スケッチ記念日
→1998年「Emerald 22 Blend」収録。
ポップ!で知られる堂島孝平がつくったとは…な曲。要するに暗いです。というかこの曲が収録されているアルバム自体が全体的に暗い。しかしそれがいい!!気だるい歌い方も良い…ついつい口ずさみたくなるメロディラインは流石。

youtu.be

⑤セピア
→2000年「セピア」、「黄昏エスプレッソ」、「Sky Driver 〜1st anthorogy〜」収録。
美しい音はもちろん、この曲は歌詞が刺さります。2番最初の「涙の数だけ幸せになるとデタラメを誰かが言っていました それならば僕はさみしいうたなんて歌っていないでしょう」という歌詞がなんだかグッとくる。ちなみに、この歌詞に出てくる「君」は「音楽」のことだそう。


⑥夜間飛行
→2000年「Sky Driver 〜1st anthorogy〜」、2001年「サンキューミュージック」収録。
この曲も堂島さんを好きになるきっかけになった曲!!イントロからギターがかっこいい!!!展開がすごいかっこよくて、カラオケで歌ってても楽しい!!…5本の指に入るぐらい好きなのに魅力をうまく伝えられないのが辛い。。

 

⑦25才
→2002年「冬が飛び散った / 25才」、2003年「DJKH Calendar 〜2nd anthorogy〜」収録。
25才すぎた方にかなりの人気がある曲。歌詞に25才頃の大人の心情が綴られており、わたしも25才頃になったら共感するようになるんだろうな〜と思いながら17才ぐらいの頃からこの聴いています。(現在22歳...あと3年弱)


⑧アーリーモーニング
→2006年「Smiles」収録。
わたしは!このアルバムが!大好きです!!!ファンキーで終始格好良くてトキメキが止まらない....本当にハズレ曲がありません。で、この曲はその中でも特に好きな曲。キラキラしててファンクめいてて心踊る曲調に意外にもシリアスな(?)歌詞がもうときめくときめく!特に「初めて2人で迎えた朝さ あいつのことなど忘れてしまえよ」という歌詞がもう…好き。

 

⑨き、ぜ、つ、し、ちゃ、う
→2012年「き、ぜ、つ、し、ちゃ、う / シンクロナイズド・モーニング」、2013年「A.C.E.2」収録。
これは意外にも知名度がある曲!というのもえっっらい耳に残るんですよサビが!それにこの曲歌うと本当に最後の方き、ぜ、つ、し、そ、う、に、な、り、ま、す!( 笑 )中毒性高し。

youtu.be

 

⑩PERFECT LOVE
→2015年「VERY YES」収録。
年を取ってもずっと愛していたい!というシンプルで熱い気持ちを歌った曲。この曲が発売された当時はあまり聴いてなかったんですけど、昨年行ったライブで披露されていて主旋律と観客が歌うコーラスとの一体感に圧倒されて大好きになりました…!!

youtu.be

 

という感じです!!!
ひとついいたいのは…他にいい曲はありすぎるぐらい、あります。

割と今回はお勧め≒お気に入りな感じになっております。
今回は触りだけ、、というコンセプトなので(???)お勧めのアルバムに関しては今後また記事にしていこうと思います(´-`).。oO


○わたしにとって「堂島孝平」とは?

これ、とても難しいんですけど……

2017年当時この記事を作成した時は「ビタミン(直接エネルギー源になるわけではないけれど健康に生きていくために必要なもの、という意味で)」と書かせていただきましたが...

色々な音楽を聴きまくってきた現在、音楽自体が「ビタミン」だと思っております。その中でも、堂島さんの音楽は本当にハッピーになれるなって感じております。

「キュート」「キラキラ」「ファンキー」「弾む」「ウキウキ」「ときめき」...のような、あったかいプラスな言葉ばかりが浮かんできて、無条件に心が晴れやかになるというか。幸せな気持ちになるんです。だからいろんな音楽は聴きますが、堂島さんの音楽は永遠に聴き続けるだろうなって思います。わたしの中では唯一無二の存在です。

 

...ということで、いかかだったでしょうか。長々と書かせていただいた割にはグダグダで申し訳ありません。こちらを読んで少しでも堂島孝平さんの素晴らしさが伝わって下さればうれしいです。では!

 

 

 

 

 

 

【改】堂島孝平について知っていただきたい (前編)

どうも、紺碧です!
今回は、タイトル通り堂島孝平さんについて書かせていただきます。

※こちらは2016年10月に投稿した記事を修正+加筆したものです。

 

○まず、堂島孝平とは?
早速リンクを貼って申し訳ないのですが、Wikiをご覧ください!( 笑 )

ja.m.wikipedia.org


これで思ったことはたくさんあるかと思います。40代なんだな〜とか葛飾ラプソディーってもしかしたら聴いたことあるなあ〜とか!トリビアの泉とかIQサプリの楽曲を作られていることとかも意外だったと思います。
ファンになるまでわたしはどれも知りませんでした( 笑 )

そして何より…
ジャニーズへの楽曲提供!堂本兄弟への出演!
これもKinKi Kidsを好きになってから知りましたが、本当に素晴らしくって。
またそれは後ほど書いていきます!


堂島孝平の魅力とは?

…ということでいくつか堂島さんの魅力、注目すべきポイントを大まかにあげていきます。これでなんとなく堂島さんについて知っていただけたらな、と思います!

①ポップの発明家!
堂島さんの楽曲は、聴いたことある方はわかるかと思いますが基本的には「ポップ」なんです!そしてそのポップはドウジマオリジナルなんです!!!
……というのも、原点であるアーティストがいらっしゃらないらしいのです。
ご本人様の言葉をお借りすると
『大瀧(詠一)さんや佐野(元春)さんの音楽はすごく好きなんですけど、原点ではないですね。というのも、ポップという表現においては、「誰もやっていないことをやらないといけない」ということを、いろんな人から学んでいるんですね。自分が音楽でサバイブしていくっていうこともひっくるめて、「これはまだ歌われてないんじゃないか?」とか「こういう曲は今までなかったんじゃないか?」って考えることが、自分の音楽を作ることだと思ってるんです。』
『元々ルーツミュージックを持って音楽を表現していくタイプじゃないから、僕の作品を1枚聴いて次を聴いた人は、「こんなのもあるんだ」っていう発見がめちゃめちゃ多いと思うんです。1曲聴いて全部わかるタイプじゃないというか、それこそ“葛飾ラプソディー”を作った人が、“カナシミブルー”を作ってるとは思わないでしょう(笑)。』
(引用:http://www.cinra.net/interview/2013/01/17/000000)
という考えをお持ちなんです……
つまりは、「好きな音楽はあるけれど、ポップというものをつくりあげていく上で自分だけのものを編み出すことが大事だ」ということ…だと個人的には思っております。

堂島さんの楽曲は本当に次々と新しいものが取り入れられてて、色んなタイプがあるんです!わたし結構飽き性なのですが、堂島さんの音楽が好きな理由の一つはそこだとおもいます。

あっ先程、引用させていただいた発言が含まれているインタビューも気になった方は読んでみてくださいね…!


②センスが良い!
センスがいいと言っても、色んな「センス」がありますがここでは楽曲タイトルに関して…お話しします。(もちろん音楽センスも素晴らしいのですがそれはおいおい書きます)
「冬が飛び散った」「これ以上キミはいらない」「ハジメテのハジマリ」「スケッチ記念日」「ハートのルージュ」「レイニーフェイス」「世界は僕のもの」「マーマレードガール」「MR.RAINY MAN」「カナシミブルー」「レディ・スパイシー」「ラブ・トーク・ショー」「ミルキーウェイ」「Miss Mysterious」「あのコ猫かいな」「夜を止めてくれ」「モノクローム ドリーム」「き、ぜ、つ、し、ちゃ、う」「マイ・シナモン・ガール」「バスルーム・マーメイド」「キラメキニシス」「黒い朝・白い夜」「LUCKY SAD」………etc.

このタイトル(提供曲も含みます)を見て聴いてみたい!って思った曲はありませんか!???めちゃくちゃ惹かれませんか!??(うるさい)
個人的に堂島さんの曲の魅力は音だけでなくネーミングだと思っていて。うまく言えないんですけど、わたしのツボをすごくついてくるんです!
ひらがなの柔らかさ、カタカナの煌びやかさを上手く使って可愛くお洒落につけているタイトルは本当にときめきしかなくって...好きなんです(´-`).。oO

 

 

③甘い声!
堂島さんの声は基本的に甘くて…甘いです!!!
しかし。そのタイプが年を重ねるたびに変わっていっているのです……
ざっくりいうと、
〜95年▷尾崎豊ばりの男気溢れる甘さ
〜07年▷アイドルみのある突き抜ける甘さ
〜現在▷優しくてまろやかな甘さ
って感じです。
96年あたりから途端に可愛い声になっちゃう堂島さん……その声は、最初聞いた時は戸惑うかもしれないです。わたしがそうでしたから( 笑 )
でも聴けば聴くほど…自分でも不思議になるくらい、気づけばその声の虜になって。
そして、堂島さんの歌声は「楽器」だという結論にたどり着きました!

というわけでわたしは堂島さんの楽曲を、「歌も含めて演奏だ!」という感覚で聴いております…


④提供曲の素晴らしさ!
さーてさて。お待たせしました、提供曲!(?)
堂島さんの提供曲は本当に素敵なものばかりです!

ここでは、ジャニーズへの提供曲についてお話をしていきますー!
※2020.05.17で製作陣が発表されているもののみ書かせていただきます。

(ちなみにジャニーズ以外はアイドリング!!!乙葉高畑充希住岡梨奈藤井フミヤ9nine等を手掛けておられるそうです)

まず、堂島曲があるジャニーズは
KinKi Kids
堂本剛
山下智久
Sexy Zone
です!

そして早々と言っておきますが…
山下さんの楽曲、実は未音源化なのです。。
なので省略…いたし…ます.....

ということで、KinKi Kids(堂本剛ソロプロジェクト曲も含む)からお話しさせていただきます。

【2000年】
○D album
・「Misty」(作詞・作曲)
・「こたえはきっと心の中に」(作詞・作曲・編曲)

【2001年】
ボクの背中には羽根がある
・「いつも僕は恋するんだろう」(作詞・作曲)

【2002年】
○カナシミブルー
・「カナシミ ブルー」(作詞・作曲)
ROSSO E AZZURRO (堂本剛ソロ1stアルバム)
さよならアンジェリーナGO-GO KING RECORDERSと「Kohei Dojima×GO-GO KING RECORDERS」名義で共編曲)
・Luna(Kohei Dojima×GO-GO KING RECORDERS名義で共編曲)

【2003年】
永遠のBLOODS
・「永遠のBLOODS」(作曲)
G album -24/7-
・「黒い朝・白い夜」(作詞・作曲)←剛さんソロ曲

【2008年】
○Secret Code
・「Secret Code」(井上日徳さんとの共編曲)

【2011年】
○K album
・「もっともっと」(編曲)
・「きみとぼくのなかで」(作詞・作曲・編曲)

【2014年】
○鍵のない箱[初回盤B]
・「キラメキニシス」(作詞・作曲)
○M album
・「SPEAK LOW」(作詞・作曲・編曲)

【2015年】
○夢を見れば傷つくこともある[通常盤]
・「Alright!」(作詞・作曲・編曲)

【2016年】
○N album
・「naked mind」 (作詞・編曲)
・「モノクローム ドリーム」(作詞・作曲・コーラスアレンジ)
・「陽炎 〜Kagiroi」(堂本剛さんとの共作曲)
・「夜を止めてくれ」(作詞・作曲)
・「なんねんたっても」(作詞・作曲・コーラスアレンジ)
○道は手ずから夢の花
・「Pure Soul」(作詞・編曲)

 

【2017年】

○The Red Light

・「Shiny」(作詞・作曲)

 

【2018年】

○Topaz Love/DESTINY

・「Topaz Love」(編曲・ストリングスアレンジ)

・「DESTINY」(編曲・ストリングスアレンジ)


他にも共同プロデュース、楽器演奏での参加、PV出演などたくさん関わってくださってます!(誰だよ)

KinKi Kidsは歌声的にマイナー調な曲が合うんですけど、堂島さんの提供する楽曲は比較的明るい!でも歌詞が切なかったり…とてもバランスよくKinKi Kidsの楽曲として成り立ってるんですよね…いやあ、本当に素晴らしい。


次にSexy Zoneを…!

【2014年】
○君にHITOMEBORE
・「レディ・スパイシー」(作詞・作曲)

【2016年】
○勝利の日まで
・「Miss Mysterious」(作詞・作曲)

 

【2017年】

○ぎゅっと

・「HIT THE HEARTBEAT」(作詞・作曲)


セクゾ担だったわたしですが、そもそもセクゾに惹かれたきっかけのひとつに「レディ・スパイシー」の存在があったりします。なので本当に堂島孝平×Sexy Zone大好きなんです。キンキへの提供曲とはまた違ったアイドル性のある曲だ…と興奮してずっと聴いてましたね!!!!

そして晴れてセクゾ担になり、最初に発売されたシングルのカップリングに堂島曲が出ると知ったときはテンションぶち上がりましたね、ええ。
しかも、それについてメンバー(というかけんしょりのお二人)も「難しいけど曲が凄く凝っていて好き」「メロディーに特徴があって耳に残る」「何度も聴き込んでレコーディングに臨んだ」など発言してまして……なんというか、若い世代でもそんな風に感じ取れてるんだなあ(わたしも大概ガキですが)と感動しました。

個人的に嬉しいのは、ケンティーが堂島曲を気に入りまくっていることですね!!!!
ミスミスをA面で出したかった(ニュアンス)発言にはさすがにめちゃくちゃおったまげましたけど、「ケンティー…Sexyサンキュー……」と思わざるを得ませんでした。

それと、ソロでも提供してほしい発言もいただきましたんで是非とも彼に提供曲をお願いします!!!なんだったらケンティーが詩を書いたらいいと思います!!!!(何様?)


共通して思うのが、堂島さんの提供曲って「提供曲」なんですよ。…ってよくわからないことを言いましたが( 笑 )

堂島さんの音楽の要素も取り入れつつ、提供するグループのイメージも考えながら楽曲を作っておられるなあ…と思うのです。
やっぱり、同じ堂島曲でもキンキへの提供曲とセクゾへの提供曲は雰囲気が違うなって思うんです。
ジャニーズファンに堂島曲が愛されてるのはここなのではないでしょうか…!
(だからこそ、堂島さんご本人の曲も知っていただきたい欲が強くなるんです…!!)

それと楽曲それぞれについても語りたいのですが、超絶長くなるのでまた別の機会にします…( 苦笑 )

 

※番外編

ジャニーズへの提供曲ではないのですが...negiccoの「愛、かましたいの」が本当に素晴らしい曲なので宜しければ聴いてみてください...!!!

youtu.be


⑤とにかく魅力的!(語彙力)
堂島さんは色んな一面を持っています。
まず、バク転ができる!!!!!
ライブで披露することもあるんだとか。
ちなみにYouTubeにて、堂島さんのバク転は確認ができます。

youtu.be

(15秒あたりから)
いやあ〜〜、意外すぎますよね。素晴らしい。

そして、なによりとにかく可愛い。

f:id:blue1201:20200517154728j:plain


上に貼った画像を見ていただければわかりますが、堂島さんの字……めちゃくちゃ女の子!!!!!わたしよりよほど丸っこくてかわいい字を書いていらっしゃる……

それに加えて、堂島さんのツイッターを見ていただければわかるのですが…

『【MEMO】』という文頭でメモを残したり…
広島のサッカーチーム「サンフレッチェ広島」のキャラクターであるサンチェくんにリプライをする際、サンチェくんに合わせて平仮名片仮名数字のみで文を書いたり…

いい歳したおじさんなはずなのに!(オイ)めっちゃかわいいではないですか!!ずるい!


そしてそして!!
なんとアイドル活動(?)までやっていて。NONA REEVES西寺郷太さんとSmall boys(通称:スモボ)を結成しているんです!
2人ともジャニーズに曲を書いている(西寺さんは近藤真彦、少年隊、SMAP、V6、KAT-TUNなどの提供経験がおありです)という共通点がありまして…
そういうのもあって、スモボの楽曲も結構キラキラなアイドルチックなものが多いです!

そんな曲をおじさまが歌ってるんです…
なんだか不思議だけど…いいでしょ!( 笑 )

ちなみに少し前に発表された「Selfish Girl」に関しては、藤井隆さんも加わってすごくスタイリッシュでかっこいい感じになっております。( 笑 )
これもYouTubeでPVが見れます!

youtu.be


スモボに関しては知識が浅すぎて語れませんが、とにかくそういう活動をしているという一面もありますよってことだけお伝えしときます(´-`).。oO


ここまでが前半です!!!もうすでに長くってすみません、、
後編では、わたしが堂島ファンになったきっかけやお勧めの楽曲について話していこうと思います〜!

では!

 

(...後編です ↓ )

blue1201.hateblo.jp

ボヘミアンズのライブ is toki@meki../ ~ファン歴2か月オンナの初参戦~

どうも!ぺキティー、、改め、紺碧です!!!!

今回はTHE BOHEMIANSのライブ参戦について書いていこうと思います。

THE BOHEMIANSとは、前回の記事でご紹介した通り、とっても素敵なバンド!(前回の記事が一部のボヘファンに見つかってしまいまして・・・大変恐縮です、有難う御座います!)そんなボヘミアンズのツアー、12月7日の福岡公演に参戦しました!ライブに行くに至った経緯や当日のお話、そして信じられないまさかのことが起こったので書いていきます。よろしくううう!!!!!(にしてもtoki@meki../が通じる世代っていつまでなんだろうか...)

 

➀ライブに行くまでの話

前回の記事を書いてからもボヘミアンズへの気持ちはあふれるばかり。しかし、ツアーはいくか迷っていたのです。なぜかって?卒業研究の中間発表会が翌々日に控えていたからです!!!!!!!!!わたしは大きい出来事があるとすごく身構えてしまう人間なので心から楽しめないのではないか?と思ってしまい、だいぶ迷っていました。

しかし、ある日のこと。わたしは深夜まで講義で使うパワーポイントの作業で追われていました。集中力が続かなかったので途中でネットサーフィンしていたんですが、そこで行き着いたのはボヘのツアーのチケット情報。まだチケットが手に入るらしいじゃありませんか!

その前にも卒研の作業中に切羽詰まってすごいストレスでしんどくなって一旦休憩!と言わんばかりにボヘを聴いたんです。もうね.....感激しちゃって。なんだろう、音楽で励まされるっていう意味が分かったというか。わたしにとって音楽は、大好きなんだけどただただ楽しいものに過ぎなかった。でもこの出来事があってから音楽って偉大だなと改めて感じるようになりました。

...そういうこともあって、深夜テンションのわたしは迷っている暇などない!!!はやく!!チケットを手にするのだ!!!!!!となり、その日の午前中に大学前のコンビニで発券しました。

 そうそう、ツイートの通り、こんなに急速に大好きになったのはGLAY以来だなあと思ったので、運命も感じていたので余計に行くしかないじゃんってなりました。卒研は何とでもなるだろ...ともうこの時には思っていました!!ちなみ本当になんとかなりました(時間の都合で口頭試問がわたしまで回ってこなかった最高の奇跡)

...ほんとにこの判断は間違っていなかったと褒めちぎりたい。発券してからというもの、アルバムを聴いては、時たま回ってくるレポや公式ツイッターの写真をみてはウキウキしていました。特にジャンさんの紫リップ!!!!!!!!!生で拝めると思うだけでしんどかったです。

 

 

➁当日を迎えてからライブ中までの話

まず、この週は気持ちが沈んでおり、すんごくひきこもっていました。なので、思ったように動けず...爪に黒のマニキュアを塗ろうと思っていたのにできませんでした(何気にすごく後悔)

この日の服装は、ヒートテック2枚に真紫のTシャツにライダース、裏起毛の黒のスキニーに靴紐を銀ラメに改造した黒コンバース!!!メイクはもちろん黒シャドウ囲みにダークカラーのリップ!!!...バカ細かく書いたけど。( 笑 )もうなんか、自分のしたいようにしてました。

会場は割と馴染みのある親不孝通りというのもあり、行くまでの緊張はあまりなかったです。で、到着してからがね。周りを見渡すと皆さんお洒落なこと...わたしも自分なりにはお洒落していたのですが、一人で来たのもありなかなか緊張してました!

 

いざ、開場してまずグッズを買いました。ライブ終わってからも追加したのですが、キーホルダー2種、メンバーの顔写真Tシャツ、ポストカードを買いました~~~!!(今考えたらなぜシングル買わなかったんだ...?)ボヘはグッズまでも神なのか?と惚れ惚れしながら場所確保。下手側の3~4列目に着けました。

 

さあ、やっと本編の鼻塩塩。(エルシャダイ通じます?)まず、言いたいのが、

THE BOHEMIANSは確かに実在してた。信じてなかったわけじゃないけどさ。画面越しでさえもあまりにも眩しすぎて...3次元に存在しているのか不安になったりしてたのでね、、登場した瞬間にうわああああああああァァアアアアアアッッ!!!!!!!!ってなった。そして、それと同時に左耳の危険を感じた。スピーカーがすごく近かったのでハイパー爆音だった!!!すっかりそのことを忘れていて2日ぐらい耳がヤられていたので、次は場所気をつけなきゃな...と思いました(あほな話すいません)

気を取り直して!ライブについて書ーーーく!セトリ、MC全部とかはわたしが書く必要はないかなと思うので、ここからはド新規であるわたしがただただ感じたことを書きます。

 

【ライブ全体について】

もう、最高でした。ライブってこれだなと。ロックンロールをあんなに間近に体験できるってなんて幸せなことなんだろうって。なんかよくいわれている言葉として、「他人を楽しませるためにはまず自分たちが楽しまなきゃいけない」っていうのがあると思うんですけど。ボヘミアンズの5人は本当に皆さん楽しんでロックンロールをやっていたと思います。ロックンロールとは音楽の一ジャンルではなく、目に見えない生きてるもの...名詞というか動詞だなとも思いました。ナニイッテンダ感が強くなりました、すみません。とにかく、あの空間にはロックンロールと愛がありました。幸せでした。

セトリとしては、新譜とベストしかほぼほぼ聴いてなかったけどほとんど知ってました。安心...!特に後半はブチ上がりましたよねえ!?気づいたらわたしノッリノリだった。聴きたい曲は大体は聴けたけど、何曲かはこれ聴きたかったな...っていうのがあったので、これからのライブで聴けるといいな。

あと、ミュージシャンがダイブするのを見届けるのが初めてでしたが、全然怖くなかったし(?)後半は玉入れがあったり、わかりやすく面白いものもたくさん提供して下さってて楽しかったなあ・・・

なんかざっくりとなってしまいましたが、本当に参戦して良かったと思えるひと時でした。

 

【メンバーについて】

 もう、最高でした。(パート2!)一人ずつ、書いていきましょうか。

・ぱんださん

→ロックスターだった。フロントマンになるべくしてなったアイドルでした。登場したときの空気感が違った。そんでもってすんばらしく整ったお顔が...金髪を上品に魅せていて強かった。透き通ったブラウンの瞳も素敵だったな。あと、正直ちょっと怖い方なのかなあと思っていたのですが、めっちゃ誤解でした...すみません。ぱんださんは、ただただロックンロールを愛している純粋な方なんだなって思いました!MCからもファン想いなところが垣間見えて...あったかかった。とんでもなくキュートな方でした。頭ぶんぶんして汗を振りまいていたのが最高でした。

りょうさん

→凛としたクールなお姉さんだった。細かった...そりゃ初見で性別間違えるわ...。でもその見た目からは想像できない力強いギター!!大好きなギターソロ沢山聴けてテンション爆上がりでした。わたしはばりばり下手にいたので、あんまり近くでは拝めなかったけれど。素敵な楽曲を有難う御座いますの気持ち。ぱんださんと並んでると嗚呼、唯一無二だなあと感じました。次はもっと近くで拝みたい。

・先生

→生で見ないと分からない魅力があるなあと思いました。愛称の通り、先生のようにどしっと構えてて動じない...包容力のある方だなと。渋くてかっこいい!!!!!!!あと、鍵盤が正式なメンバーにいるバンドって行ったことがなくって。だからすんごく新鮮でした。ドラマティックな音色最and高。あとハットがハマりすぎてて...先生のために存在するアイテムなのでは?????

・ほっしー

目力最強EYE☆すぎた。一番近くにいたのにさ、目が合ったら撃ち抜かれるゥ!!と思ってあまり見ることができませんでしたよ、まったく...。流し目もめちゃくちゃかっこよかった。そんでゴリゴリなベースの音がたまらんかった。Please Mr.Yes-Manのイントロ特にたまらなかった。大好きな音でした。あと、演奏中オラオラなのにMCは天然炸裂してて可愛かったです……その上に「愛してるよ」とかいっちゃうなんてラブホリ……ハア、素敵。

・ジャンさん

→美の暴力。いや、もうわたしなんかが書かなくてもファンの皆さんわかっていることだと思うけど...貴公子すぎない??画面で見ていた百億倍かっこよかった。ドラム叩いてるとき伏し目でなんて麗しい!と思っていたんだけど。もうさ...MCでさ、顔を上げて目に光が取り込まれた途端に瞳がキラキラ輝いて、そのお顔で「今日が一番メイクが上手くいきました!」とか言われたらもう...気絶するわ!!!!!!!!!恋に落ちる音がしました。脳の処理追いつかないぐらいに衝撃で...絶対あの瞬間瞳孔開いてたわ。紫のリップ着けたお姿、画像では拝見していたけれど...半端じゃない程似合っていた。しかも紫は紫でも、グリッター入りだよ...フリーザにならないってどういうことだ?MCでの衝撃がもう頭から離れません。メロメロです。ああ、SUKI。

 

ド新規なので本当のところは違うかもしれないけど、わたしには5人がこう見えました。とにかく、5人とも神様が張り切って作りすぎてない!??って思いました。あの距離で拝めるなんて、生きててよかった。これに尽きる。

 

 

➂ライブ直後の話

...ある意味、ここからが本題です。(相当長い前振りでした)

終わって、とりあえずドリンク交換しなきゃ!と思ってトマトジュースを選択。ライブ後のトマトジュースは最高だって去年のSURFACEのライブで思ったのでね。どうでもいいね。そんで、飲んでたんですよ。周りを見渡すと、ファンの間でのコミュニティっていうのかな...かたまりがあったり。一人参戦って割とよくあるので慣れてはいるのですが、やっぱりいいなあ~って思ってて( 笑 )とりあえずさっさと飲み干して帰ろ!って思ってたら。なんと、、「あの...ブログ書いてた方ですか?」と2人組の方に話しかけていただいたのです!!!!!!!!もう、びっくりしちゃって。あんな小規模なアカウントでひっそりと生息している人間が書いたブログを読んでくださっている方と出会えるなんて!!!!ちょこっと拡散されてただけでも嬉し恥ずかしの気持ちでいっぱいだったのに!!読んでくださった方に出会えるなんて、、自己顕示欲高めコミュ障オンナにはもう嬉しすぎてェエエエエ!!?????なんと、開場のときからわたしのこと気づいていらっしゃったらしいです。めっちゃ恥ずかしい!( 笑 )もうなんか、好きなことについては話が止まらないタイプのコミュ障が故に、自分でも引くぐらい会話していました(多分喋る量が多いだけですんごい中身がなかったと思われますが)...超絶新規の話をニコニコしながらきいてくださって感謝感謝でした。あとメイクとか言動とかべた褒めされてしまい、もう一生分褒められた気さえしました。有難う御座いました・・・

 

そして、最大の出来事。多分、人生最大といってもちっとも大袈裟ではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

千葉オライリー(と無法の世界)様にサイン&握手していただいてさらに写真撮っていただきました.....!!!!!!!!!!!!!!!!!信じられます?いや、信じられませんよね。わたしもです。でも、確かに手元にはサインと写真があるんです。世にも奇妙な物語 in voodoo lounge~って感じです。はーーーーーーーー。数日たっても未だに心此処にあらず状態です。とりあえず、書きましょう。(多少というか、だいぶキモオタ要素が出てしまっているので割と閲覧注意...)

 

 

 

 まず、先ほどお話したお二方が県外の方だったので、駅まで送ろうと声を掛けたところ「出待ちするんですけど、もしよろしければ、、」とのことで。...出待ちってジャニオタ出身の人間なわたしは馴染みのないものだったので、していいものなのか、、?と思ってたのですが、全く問題はない場所でしたし...何よりもやっぱり憧れるものがありまして。すごくワクワクしてました。とはいえ、もうそろそろか...?ってときにはもうめっちゃ緊張してました。( 笑 )でもお二方が本当に良い方で、話が尽きなくって。そのうえ、「寒いでしょ...?無理しなくていいからね!」というお言葉や、同じジャンさんを好きな方に「マッキー持ってます...?」とマッキーを貸して下さり(しかもわたしに先に持たせてくださいまして...感激いたしました.....)本当に嬉しかったです。

 

そして、いざ、ご本人様登場・・・となり。

...ヒトって本当に信じられないときって頭が働かないですよね。なんだか変に冷静だった気がします。しっかしながら、メイク落とされてもなおかっこよすぎて...クラクラしました。あのメイクで来られていたらきっとぶっ倒れていたと思うのでよかったです。(?)

まず、サインを携帯ケースにいただきました。ココアシガレットのケースだったからか「なかなか...イカした....ケースだねえ」って言っていただきました。嬉しい。確かあの時わたしは「好きになって3ヵ月で来ました...」と話したような気がするのですが...よーく考えたら、タイトルの通りまだファンになって2ヵ月しか経ってないんですよね。信じられん。そして、握手を...というかジャンさんから差し出していただきました。冷え性なのでめちゃくちゃ凍った手だったために、ジャンさんの手がすごくあたたかかったのですが...めっちゃ冷た!!!ってなったと思うのです......こちらを読むことは地球がひっくり返ってもないと思うんですが、握手して下さり有難う御座いました...一瞬だとは思いますが、手を冷やしてしまいすみません、、、

サインと握手...現実...?と思っていたら、気づけば写真を撮っていました。気づけば、は言いすぎですけど..あまり記憶がな...い......(あまりにも現実味がなさ過ぎて、写真を確認したのも帰りの電車か何かでしたよ...)

なんだろうね、本当にヤヴァイ。よく考えてください。推しにサイン握手写真...なんか、実感なさ過ぎて逆に震えとかがなかった。脳の処理が鈍くてなんか....去った後に放心状態になったというか。わたし、今月1日が誕生日だったんですけども、ライブでさえめっちゃ誕生日プレゼントだったのに....もう...ね......(土下寝)

 

 

初めての環境拒絶人間なので一人のままだったら完全に帰っていたし...もう本当にお二人に感謝です。たくさんの御気遣いを本当に有難う御座いました。こんな新規すぎる人間に優しいファンの方に出会えて幸せです。わたしもこんなファンになりたい...。またお会いしましょう!

 

④数日たった今の話

とりあえず、わたしと関わっている人々に今回のライブの話しまくりました。ほんと浮かれすぎてません????そして、本当に普段異性との接触がないからでしょうね、友だちに写真見せると一瞬彼氏できたと思われる珍事件がありました。そんなわけがない。ちょろいので喜んだけど。

でもほんと、写真を見るたびにヴァーーーーーーってなる。未だにあまり直視できない。「忘れられない 恋せずにいられない」とはこのことでしょうかね。キモオタすぎるよね~~~ッハハー!!でもちゃんと善悪の区別はつく人間ですから...ツイートしまくるよりかは幾分かマシだと思いたい。ジャンさんを始め(こちらを読むことは地球がひっくり返ry)、こちらを読んでドン引いた方...本当にすみませんでした、、

そうそう、なんていうか、20歳を過ぎてからわたしの音楽観が固まってきたような気がして。今まで好きだったバンドに対して、今出会うバンドに対して、なんとなく自分にとってこういう存在だなってわかるようになってきたのです。そんな中、偉そうになっちゃいますが一生好きでいるだろうな」って思えるバンドにですね、、THE BOHEMIANSは入りました!!!!!!!!!イエーイ!!

いやあ、GLAYと同じ惚れ方をしたのでその時点で間違いなかったんですけども...もうなんていうか、パーフェクトすぎて「なんでわたしは今まで魅力に気付かなかったんだろう?」って思っちゃいます。でもいいか、こうしてちゃんと気づけたんだから。わたしは参戦した際、前回のブログ同様に新譜とベストの2枚しかまともに聴いていない状態だったのですが...やっと他のアルバムも聴き始めました。その中でも「見える女」にハマっております。小島真由美さんチックなレトロな世界観が最高です。...まだまだ聴いていない楽曲がたくさんあるのに今の時点で心動かされまくりなので、この先知っていくのが、好きになっていくのが楽しみです。愛しています、ボヘミアンズ。

このように(!!!)めちゃめちゃに新規なのに語りたがりで面倒なしゃしゃり人間ですが、これからも見守ってていただけると幸いです。

 

そういや、卒業研究提出の締切まで1ヵ月を切りました。留年は早くに確定してるのでいい意味で緊張感がありません。頑張ります。to Heart深キョンが「愛はパワーだよ!」って言っていたのでわたしもそれを信じてやったります!それでは!

 

 

 

ボヘミアンズに恋せずにいられない!

どうも、書く書く詐欺に定評のある(?)紺碧です!

今回はタイトル通り...

THE BOHEMIANSが最高すぎる!!!って話をします。

 

ボヘミアンズとの出会いと現在に至るまで

わたしがボヘミアンズに出会ったのは...去年か今年の前半か、、そのあたりだったと思います。何かで「おぉ!スザンナ」を知り、聴き、いいな...と。 しばらくはずっとスザンナばかり聴いておりました。メンバーもぱんださんだけお名前を把握してたような。

しかし!ついにわたしは見つけてしまったのだ、the popman's reviewを。

the popman's reviewとは、2019年9月25日に発売された、

   とんでもないロックンロールアルバムである。 コン=ペキ(1997-)

いや、マジでこれが衝撃で。発売して間もないぐらいの頃、ボヘミアンズの新譜出たらしーよーという情報を手にしたのでYouTubeでツイスターズのテーマを聴きました。

「えっ、ボヘミアンズ...最高やん......!?」それが最初に思ったこと。すぐサブスクにてアルバムを通しで聴いたらもう!2019年にこんな大名盤が生まれるなんて...!と感激しました。(特にお気に入りは「La-La-La Lies」と「I Don't Care That Pretty Girl」です!)わたしはなぜスザンナ止まりだったのかと、、今や信じられない。そしてたどり着いたは、ベスト盤。めちゃめちゃに良すぎてパニックになりましたよね...はい。(それこそスザンナの再録とか腰ぬかしました)

このようなきっかけで、1か月前にTHE BOHEMIANSというロックンロールにオチました。

 

 

そうです。1か月前です。なのでこれからの記事に期待などしないでくださいね!!!!!!!!!!!!!!ヤヴァイぐらいの新規ファンなので!!!!!!!!!!!

現在もまだthe popman's reviewとベスト盤を聴くので精一杯の日々です。なかなか消化しきれません。今までたくさんのバンドと出会って好きになってきましたが(これも記事にしたい...)、ボヘミアンズは人生で5本の指に入るかもと思う程の大切な出会いになりそうです。

ということで...ここからは新規すぎるわたしが思う、ボヘミアンズの魅力を3つ挙げますね。 

 

 

ボヘミアンズの魅力 その1 ~楽曲の良さ~

...これは言わずもがな、です。彼らの音楽ジャンルはwikiを見る限り「ロックンロール、グラム・ロック、ポップス」となっているのですが、本当に見事にその融合です。個人的には、スタンダードな古き良きロックンロールを基本にグラムorポップスの要素を載せているイメージです。これからわたしが虜になっている楽曲たちをYouTubeにあるもので3曲ずつ!ざっくり解説とともにご紹介します!(PVをまともに観ていなく、そこについては突っ込めませんがご了承ください)

 

【ロックンロール+ポップス編】

・おぉ!スザンナ

先ほど述べましたように、個人的にはボヘミアンズといえばコレなんです。ドラムロールで始まってから最後までワクワクが止まらない曲!!カラオケ行くと絶対これを歌います。

 

 

・恋はスウィンギン・イン・ザ・レイン

これもイントロから最高で、ドラム→ピアノ→コーラス→ギターのジャカジャーーン!!!の一連がとってもドラマティックでキュンキュンする...しんどいofしんどい。歌詞も、

雨あがりに君が綺麗なら きっと僕なら恋せずにいられない

誰にも言わない 誰にも言えない 恋はスウィンギン・イン・ザ・レイン

っていう.....なんてこったい。めっちゃロマンティック。好き。

 

・THE ROBELETS

この曲に関してはメロディーラインすべてが狂おしいほど好き!!!!!!!!!!そしてサビ最後の「この夜だけは僕のもの」という言葉になんだかきゅんとくる。語彙力皆無でうまく表現ができず魅力を3割ぐらいしか伝えられてないのが悔しいぐらい、大好きな1曲です。



【ロックンロール+グラム編】

・male bee, on a sunny day.well well well well!

いや~~~~~!!!!これは!!!!初めて聴いたとき衝撃だった。これを聴くまではボヘミアンズのポップサイドの曲ばかり聴いていたので、とにかく痺れました。ロカビリー?っていうのかなあ、堂本剛氏の「溺愛ロジック」のような(通じる方いますかねえ...)要素をほんのりと感じます。(多分主にドラム)

 

・I ride genius band story

こちらもとにかくかっこよくて(特にギターソロがとてつもない)ビリビリになっちゃう曲。なんだろう、なんだかArctic Monkeysの「When the Sun Goes Down」の1つの劇が繰り広げられている雰囲気がこの曲にもあるような気がします。メロディーとかがまんまとかじゃなくて、わかりやすく似ている部分もないんだけど...なんか似てる。なんだろう、この感じ...( 笑 )ぱんださんがアクモン好きみたいなので必然かもしれない。(?)

 

・ロミオ

この曲はイエモンっぽいな~って思ったりします。(ジャンさんが確かイエモンファンだったような)イントロから全体を通してコード感が不思議というか。こう、なんか、引っかかりのあるちょっと浮遊した感じの曲ですよね...めっちゃ好き。この曲は歌詞の世界観も素敵です。

 

 

分け方に関しては、割と直観な節があるのでこれ違うくね?っていうのがありましたらごめんなさい...。そして、ロックンロール+ポップス編で紹介した3曲は全てベスト盤にて再録されています!再録版の方はもっとライブ感があってぱんださんの歌声も艶っぽくて良きなので推します...!(というか、今回紹介した6曲全部ベスト盤に収録されてるわ...

 

 

ボヘミアンズの魅力 その2 ~化粧と衣装~

...決して韻を踏みたかったとかじゃありませんよ、ええ。とりあえず見てくださいよ、奥さん~~

 

 や、ヤバくない???????????

この化粧と衣装が似合うって.........最and高。わたしは中性的なものが大好きだったりするので、グラムロック的なお化粧に派手な衣装というものにすごくすごく心奪われました.....(V系のようなバッキバキのメイクも好きですけどね)

惚れちゃう。いや、もう、惚れないわけにはいかないでしょ!?? このビジュアルにあの音楽性..............もしや、最強?さては、最強だね??

....本当に語彙力がなさ過ぎて自分で自分が心配になるけども、そういうことですよ!!!!!!!!!

 

りょうさんのアイメイクが好き。囲み目。(なんかGLAYのジロウさんに似てると思っているのですがわたしだけですかね)もうね、最近完全に影響されてて、黒シャドウを細く下まぶたに入れて大学行ってます。バカでしょお!!!!!( 笑 )

あと、ジャンさんの貴公子スタイル。似合いすぎてクラクラする。眩しい。ときめく。好き。

そしてぱんださんは金髪似合いすぎてますね。ずっと金髪でいてほしい...

 

あっこれは余談なのですが、ピロウズの30周年記念映画「王様になれ」を観に行ったとき、(まだぱんださんしか認識してなかった頃)本気で「女の子いるバンドなんだ...」と思っていましたね、まあその後それがビートりょうという男性であると知り、とてつもなくビビり散らしたのですがね.........

 

 

ボヘミアンズの魅力 その3 ~存在~

...ちょっとふざけたんか?と言われそうですが、全くです。...まずはこれを。

(これめちゃくちゃ良記事だったのでお時間のある方はぜひ読んでみて下さい)

 

小沢:俺はバンドをやることは出来なかったけど、もし今、自分が中学生だったら、THE BOHEMIANSみたいなバンドをやりたいなって思うんですよね。
(中略)
小沢:でも本当に、好きな漫画とか好きな映画みたいなものだと思うんですよね。“あ、俺、この物語の中に出たかったな”みたいな。本当に思いますからね、THE BOHEMIANSみたいなバンドやりたかったって。それが本当に憧れるってことだと思うんです。

この部分!!!!!!!年上である小沢さん(スピードワゴン)にここまで言わせちゃうって単純にすごくないですか!???でも、めっちゃわかる.........

そういえば、「ロックンロールのフロントマンは皆のアイドル的存在であるべき(最近はフロントマンをやるハードルが下がっている)」のようなことをぱんださんがおっしゃっていたのをどこかの記事で読みましたが(マジでニュアンス)、わたしもそれには同意したくて。ぱんださん、カリスマ性ありますよね...インタビューとかでめちゃくちゃバッサリ話しているのを見て最初はびっくりしましたが、、それだけロックンロールを愛していらっしゃるのが伝わります。

 

ということで。ここで書いた「存在」というのは、「誰もが思わず憧れてしまうような圧倒的存在」のことです。音楽性が良くて、華もあって、引き込まれるモノがあるってそんなの憧れない方が無理じゃないです!?

でもだからといって、手の届かない距離にいるっていうわけでもなくって。例えば、アルバムの歌詞カードにはコード譜が一緒に載っていたり。思わず真似したくなってしまいません?わたし、まんまとギターでコード弾きしちゃいましたもん。このように、遠いようで近いようで...な存在であるというのがとても好きだなって感じます。

 

 

どうだったでしょうか...?

わたしはボヘミアンズを聴くと、言葉でうまく説明できないけど...込み上げてくるものがあって。心動かされる何かがあるんですよ、何って言われると難しいけど。でもこんな気持ちになることってなかなかなくって。自分でもびっくりしてる。なんか最近吸い込まれてるかのようにリピートが止まらなくって。もしかして...恋?いやいや、、、、そりゃあ「恋せーずーにーいられ~なぁい~~」よ!!!!!!!!!(やっとブログタイトル回収)

やっぱ好きなものって言葉にできないものがあるから好きなんだよね、きっと。とんでもなく新規ですが...これからもボヘミアンズに憧れて生きていきたいな。

 

 

にわか中のにわかがこんな駄文をつらつらと書いちゃったので、なんじゃこれえええええええ!!!!!って思うファンの方々もいらっしゃるかもしれません。申し訳ありません!!!!!!これからもっと知っていくので、今後とも宜しくお願い致します。

 

(そうそう...「オメェGLAYの記事はいつ書くんや!!!!」って気もしてますが...。アレなんですよ、第2の実家と思ってるぐらい好きすぎるとどう書けばいいのかわからなくなる、そう、アレです。卒業研究終わって落ち着いたら書きます。必ず、書く...!!!)

 

 

 

 

気づいたら5時間以上ぶっ通しで書いてました。シンジラレナ―――イ

GLAY HEAVY GAUGE ツアー in 福岡 レポ的なもの。

皆さま、お久しぶりです…紺碧です……

 
さてさて、今回はGLAYのライブについて!書きます!!!!
結構定期的に色々なライブには行っているのですが、なかなかレポを書くのが下手くそで……書けていなかったのですが、、

今回はなんだか書きたくなったので書きます。多分めちゃめちゃ読みにくいと思うので先に謝ります、ごめんなさい!!!!!!

(というか一番好きなバンドのレポを4.5回目の参戦にして初めて書くなんて……)

 


【ツアーの概要と行く前に感じたこと】


タイトルは!「GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL- 令和最初のGLAYHEAVY GAUGE」です!!!!!!!!!!

 
タイトルでお分かりのことでしょう、そう!20年前に発売されたアルバム「HEAVY GAUGE」の再現ツアーなのです!!!!!!!

 
…その時点でやばい。わたしはそう確信しました。大好きなアルバムだし……

 
あと20年前当時、GLAYさんは解散危機に陥っていました。人気や数字が先行していくばかりで自分たちが思うように活動ができない……といったところでしょうか、特にジロウさんは当時のヘビゲツアー中物凄く落ちていたそう。

 


だからこそ。

 
今回の再現ツアーはとてもとても熱くなるものがありました。

わたしは一昨年ファンになったばかりなので当時のこととかも何も知らないし、後追いで全部知ったのですがそれでもこんな気持ちに…

 

そういったことを考えつつ、ツアーまでにHEAVY GAUGEは何回かリピートしました。ただ、あまり聞きすぎるのも個人的にはよくないかなあ(ライブでのインパクトを大事にしたいタイプ...?)と思ったのでツアー直前で通しで聴いたのは3回ぐらいだったかな。

 
あ、場所と日時…

 
福岡サンパレスホテル&ホール 

2019.06.25 & 26

 
となっております。

25日は高校の友達、26日は大学の友達と行きました!!席は25日がネット先行枠で3階前方、26日がFC枠で1階ど真ん中付近!!逆じゃなくてよかったと思いました( 笑 )

 

 

 

【セットリストとそれぞれ感じたこと】 

 

1. JUST FINE 

→最初に新曲を持ってくるあたり凄い。けど、この曲YouTubeで聴いて相当気に入っていたので初っ端から上がりました。オープニングで幕に映像が流れる(?)感じだったので、この曲の歌い出しで幕が上がったんですけどそれがもう!!!!!(その前に毒ロックの冒頭が演奏されたのですけれども、レポ見て気づいたよね。なぜ。)GLAYチョップ出遅れましたもんね!!!!( 笑 )

ヘビゲツアーで最初からノリの良い曲なのが意外でしたがとても楽しかった…にしてもこの曲良すぎる。

 
2. Young oh! oh!

→最初のギターで気づかず、ドラムなった瞬間「うおおお!??これ!???」ってびっくり。winter, againのカップリングですしね!フッフー!とサビの振りが楽しくて2日目は特にこの辺りからテンションおかしかった。

 
3. HEAVY GAUGE 

→前2曲の後にテルさんから軽くご挨拶があり、(1日目と2日目で差が凄すぎた、後ほど書きます)始まったこの曲。重く響くタクローさんのギター。「始まった……」と聴き入りモード。重い曲はライティングが赤いことが多かったですが、それが見事にマッチしててすんごいヘビゲの世界。サビ後のテルさんのハイトーンボイスよ…48歳、衰え知らず。恐るべし。

 
4. FATSOUNDS

→こ!!!れ!!!!まじで楽しみにしてたんですこれ。最初のシャウトよ。やばいよ。やばかったよ。ほんとに。圧倒されました…

そして何よりも「だいたいおまえきにいらねーーー!!!!」の叫び。2回もできましたからね!!!!( 笑 )これを叫びたくてたまらなかった。その後もノリノリ。いやーすごかった。

 
5. SURVIVAL 

→FAT SOUNDSからの勢いそのままに始まり、こちらもアガった。この曲はとにかくイントロアウトロのギターと間奏のギターとドラムが好きすぎて。てかヒサシさんパートが好きなのか???Aメロのヒサシさんパートも好き。この曲は演奏に着目してしまう癖が抜けない。

 
あと、この曲は謎の振り付けが始まりしたね( 笑 )

大阪公演2日目に突如始めたらしい、「うーーーーー(しゃがみながら)……YES!!(ジャンプ)」という不思議な動き…正直、サバイバルでやるやつか!???と思うけれど( 笑 )、テルさんらしくて可愛いし楽しいのでアリです!!!!!!!!!

しかし、さすがにジロウさんが戸惑ってたというレポを見ました…

2日目は注目してみてましたが、ジロウさんノリノリでやってたね。かわいかった。

 
6. ここではない、どこかへ 

→この曲な…まずこの曲はギターソロが大好きすぎるんですよね!?生でいつか絶対聴きたいと思っていたのですが、この曲は本人たちがあまり気に入っておらずなかなか披露しないって情報があり、いつか…って思っていたら去年のzeppで披露されて。マジで発狂した…って感じだったので今回またさらに2回聴いていいの!?感じでした…ギターソロ…好き…染み渡る……

と、この辺りで気づくわけです。

「もしかして…ヘビゲ曲順まんまなのでは!???

えっすごすぎない??????って感動してました…(な割に真ん中の曲順曖昧だったけどな!)

 
7. HAPPINESS

→この曲。実はヘビゲの中で一番聴く機会なかったんじゃないかなあ…?あんまり気に入ってなくて通しでさらっと聴いただけだったんですけど、今回のライブで聴いてとっっっっっっても心奪われました。めちゃくちゃいい。なんでこんなに聴いてなかったの!?としか思えなかった。

特にこれもまたヒサシさんのギターですよ…イントロとソロのところ。すごく頭に心地よく残るギター。めちゃくちゃ好きです。あとはタクローさんのピアノ。披露の瞬間、ピアノ弾いているタクローさんをみてうっとりしておりました。美しかった。


8. summer FM

→いや~~~ヘビゲの中でかなり爽やかな風って感じですよねこれ。3拍子になるときの手拍子はなかなか新鮮でしたね…まあ去年のライブでも披露されてたんですけども!!

ヒサシさんのギターが忙しそうでずっとそれが気になって見てました( 笑 )

 
9. LEVEL DEVIL

→前奏が長かったからか、休憩モード(喋り)に入ってる方多かったですね…。わたしも体調があまり良くなかったので水分補給はしたんですけど、、、という愚痴は置いておいて!

この曲めっちゃかっこいい…好き…みたいな気持ちでアルバムも聴いてたので、生で聴いてもそのような感想になってしまいます……( 笑 )間奏とか超ヤバかったね。ほんとにこの曲はかっこよかった…(語彙力)

 
10. BE WITH YOU

→タクローさんのピアノの後に響くテルさんの声とギター、そこに客席からのキャアアア!がよく聞こえた曲でしたね。歌いながら弾くってなかなかに難しい(わたしもたまに弾き語りしますが両方中途半端になってしまう)のでテルさんすごすぎる。

あと個人的すぎますけど、ギターソロがシングルバージョンの方が好きなのでいつかはシングルバージョンの方を聴いてみたいな…と思いました。

 
11. Winter, again 

→こ!!!れ!!!!!!めちゃくちゃ好きなんですよ…わたし自分で思ってるよりこの曲好きなんですよ。この曲は主旋律よりも演奏に注目して聴いてしまうんですよね……。ベースラインも好き(特に歌い出し前らへん)だし、タクローさんのどこか温かく飾るようなギター、そしてヒサシさんの厳しい冬の寒さを表現する吹雪のような氷のようなギター…(今回はとんでもなく暴れていて最高でした)とっても好き。そしてテルさんがこの曲をまだまだ歌いこなせていて素敵すぎました。

この曲めちゃくちゃ好き!って自覚はなかったですけど、確かに唯一ハイレゾ音源持ってるのこれだな…とか思い出したりして納得しました( 笑 )

 
12. Will Be King

→これ……最初の部分のシタールが心地よかった…。この曲はめちゃめちゃに展開がすごい。前半後半で同じ曲!??ってなるけど、なんだかんだでまとまってて(?)好き。

壮大で長い曲だけど飽きない。


13. 生きがい

→こ!!!れ!!!!!

ギター2人が向き合って弾き始めるところほんとに胸熱だった…そして身長差が……ッッ!!!!( 笑 )

この曲のイントロギターソロアウトロだいすきなんですよ……生で聴けるの最高すぎでしょ……それにしてもテルさん歌いこなせすぎですよね…20年も前の曲なのに、、、

 
14. Savile Row ~サヴィル ロウ 3番地~

→この曲は締めくくりにいいなあ~と改めて。ヘビゲの中にあるからこそ光ってる気がする。しかしこの曲の最後を合唱するとはおもわず(?)1日目撃沈。2日目はめちゃめちゃ馬鹿でかい声で歌ってきました( 笑 )

 
15. COLORS 

→いや~~~この曲は。サヴィルロウからの繋がりできたからびっくりした……

YouTubeで聴いてて「エッ名曲…エッッッッテル曲!??」ってなったそれはそれは衝撃的な曲だったもので、とても楽しみだったのよ。。

……生演奏の凄みを感じた。テルさんの歌声って偉大すぎるなと。上手すぎん!????????混乱した…48歳????ってなったよね、そりゃなあ!!?

愛する人の~」の部分が本当に静けさの中での神々しさというか…震えたよね。GLAYってまだまだ進化するのか……と圧倒されました。

 
16. はじまりのうた

→これな……新曲の中ではあまり聴いておらず(YouTubeになかったしね)、ほぼ初見だったわけだけどめちゃくちゃ良くて。特に転調のところなんて「エッまだ上がるの!?」っていう驚きがあって…これ新曲ですよね??と問いたくなるほどのキーでしたね……もちろん、今ではよく聴いている1曲でございます。

 
17. 愁いのPrisoner 

→この曲、発売当時はさほど聴いてなかったのですが時間をおいて最近いいなあ…って思ってたのでめちゃくちゃ嬉しかった。

タクローさんのどこか懐かしく美しくな曲でノレるという素敵な曲。個人的には「とどまるな~」からがめちゃくちゃかっこよくて好きです。


これで本編おわっちまったよーーーー!!!

 
アンコール (の前にMCあり)

1.元号

→これももうね、長渕さんか…?とも言われている曲ですがね!わたしは結構気に入っていて、平成最後にこちらを聴きましたよ。

なんだろう、激しく盛り上がったナンバーが個人的には多かった中でのリラックスタイム的な気持ちはあったかもしれない…(´-`).。oO

 
2. Missing You

こ!!!!rrrrれぇ!!!!!!!

…やばくない?????

タクローさんのギターソロから入り、「?…次なんだ?」って思ってたらベースから入るあの部分が流れて「……は!??嘘だろ!??????エッッッッキタァァアアアアア!!!!!!!」みたいな脳内でした。このツアーで一番唖然とした顔してた自覚がある。だってやると思わんやん!???心臓に悪かったな~~これは。かっこよすぎるんだもん…

この曲、めちゃくちゃ迫力あって音は取れてもかっこよく歌うの難しいのに、テルさんは今もなお歌いこなせている……最強にかっこよかったなあ。この日以降、もっとこれを聴くようになりました。

 
3. SHUTTER SPEEDSのテーマ

→これもな…実はシャタスピとこの後のモダンはネタバレ踏んでてうおお、となっていたので身構えてはいたのですが、とんでもなくよかったよね。やっぱり弾けているジロウさん見るの好きだなあ…あとは単純にフーゲッ!とかゲッゲッ!とかいうのが楽しい( 笑 )

しかしジロウさんなんか歌うまくなりましry

 
4. 彼女の”Modern...”

→マイク通さず肉声でのタイトルコールにうおおおおお!!!!となり、もうそこからは踊り狂った叫び狂った( 笑 )この曲は本当に楽しい。ライブで輝く曲すぎるよ、これは言うまでもなく最高。

 
5. 誘惑

→「カモンTOSHI!!」って聴こえた瞬間に察したけど、こんなことがあっていいのかと。アンコールでここまで名曲繰り出してくるかと。シャタスピとモダンだけでも十分盛り上がるのに、さらに誘惑?ジロウさん正気か!?????(褒めてる)

誘惑、何気にライブで聴いたことがなくていつかは絶対聴きたいなあと今回のツアーにも挑んだんですけど、その日でもう聴いてしまった。やばい。

あとまあ、この曲といえばギターソロでしょう。…まさかのわたしがよく見える位置でしてくださり。めちゃくちゃ感動した。このソロは伝説的で、それはもう昔のギターキッズはこの曲を練習しまくってたそうではないですか!いやあ、とても嬉しかった。

  

と、25日はここで終わりだったわけです。

 

6. YOUR SONG (26日のみ)

→事件は起きた。それは「ステージからおりるのが寂しいので…もう1曲やりますか!」的なテルさんの発言から始まった。普通に素で「イェエエエイ!」っていってしまっていた。いや、さすがにすごすぎないか?????25日でセトリわかってたし誘惑終わって「もう終わりか…」と悲しんでいたところをだよ?????本当に惚れた。

 
まあ、この週末に韓国公演を控えていたGLAYさんですよ。

「韓国公演の練習も兼ねて!」と、YOUR SONGを。

そしてこんなご注文が。

「チェゴ!って最高って意味で、チェゴ!って言ったら、チェゴ!って返してね!」(ばりばりニュアンス)

…あれれー?おっかしいぞー???ここは福岡!!!!!!!!( 爆 )


いや、でも本当に他県より盛り上がりのすごいらしい(どこの界隈でもそうっぽい)福岡だからね。(?)

というかそもそものテルさんのお人柄でファンの心はガッチリと掴まれているのですから、そんなところでは動じない方々よ!!

 
チェゴーーーー!!!の盛り上がりすごかったんだから…

 

そういえば、どうやらヒサシさんがギターソロめっちゃ間違えたらしいですね!???わたしギターソロ聴いてたのに気づきませんでした…wwwwwwww絶対それどころではなかったんだな!????めちゃめちゃ跳ねてたもんなわたし。。( 笑 )

YOUR SONGこそ、ほんとにライブでみんなで歌って踊ってってするの楽しいな~って気持ち。やっぱテル曲はお人柄がとても溢れてるなあ。大好き。

 

てな感じでライブ終了ー。

 
続いてはMC。けど本当に記憶抜け落ちまくりなので印象に残ったものだけ書きますね…すみません…(場合によっては追記するかも)

 

 

【MC】 


○永井さん

35周年!55歳!というおめでたいお話と、35周年で色々とプロジェクトを立ち上げていて福岡にも行きたい!とのこと…あ、そこでトシさんがサンパレスサンプラザとお間違えになり、( 笑 )

ざわざわしているのをジロウさんが察したようで訂正してました( 笑 )

 
・今回のツアーはとても成長できたツアーでした、のようなことを…35周年でまだまだカッコいいドラムを叩くトシさん。本当にすごい。

 

○テルさん

・2日目のJUST FINEあたりで早々に「最後のファイナルだー!!!」って叫んでて「エッ生で聞けた…」って感動してしまったわたし。( 笑 )「文法的には間違ってるんだけどね( 笑 )」って言ってたテルさぁあああん…

 
・ヘビゲ前の挨拶の差が激しかった。1日目はめっちゃ可愛く「どうぞ♡」みたいな感じで、2日目は「どうぞ…」なしっとりと。軽くパニックよ(?)2日目は「初めて来た人?」と挙手した方に「HEAVY GAUGEの世界に引きずりおろしてやる!」とかいうかっこよすぎるセリフも飛びました。


・2日目に「今日がベストオブ照彦!」なんで今日シューティングじゃないの…的なことまで言っててこちらがとても嬉しくなった。いやあ、ほんとにすごかったものな…

 

○ジロウさん

・演奏に関して1日目は「一番本編があっという間だった」2日目は「永井さんと最後まで細かい確認してた」だそうです…ジロウさんは演奏にすんごく向き合う方だなあと思う…


・ヘビゲが発売された当時のツアーを振り返って今とても楽しいとおっしゃっていた(ニュアンスすぎてごめんなさい)のを聞いて泣けたね。後追いの97年生まれなもので当時のことを話でしか聞いたことないけど、それでもすごく胸にくるものがあったので当時からのファンはもっと思うことがあっただろうなあ…

 
・そしてアンコールでシャタスピがあることを彷彿とさせるようなMC。「暴れ足りないので!アンコールは暴れて行きます!」的な話をしておりました。それからのシャタスピよ…尊い

 
このお方はなぜハジけると5歳児に見えるのだろう…無邪気というかなんというか。今年47になるようには見えないです…今回なんてどの部分で言ったか忘れたけど両日共に「ジロウちゃん」って自分のこと呼んだからな!???ずる…

 
○ヒサシさん

・1日目の「ねえ、きいてよ~」から始まる感じがもう心奪われたよね。なにこのかわいさ。そっからの話よ…

移動の時にとてつもなく飛行機が揺れたらしく、そのときに携帯が落ちそうになっておさえようとしたら隣に乗っていたマネージャーの手が重なり…「おっさんずラブ…!

とてつもねえよ。ヒサシさん…ぶっこむの好きかよ……

 
・2日目は「この場に緊張感を!」「テッテレー!パスポートを雑に持って演奏してました!」という、スーパーマラドーナ田中かな?みたいなことやっててかわいかったです……しかしパスポートがめちゃくちゃなことになってたようで焦っていたのもかわいかった…www

 
それにしてもヒサシさんはちゃんとMCで話すことを用意してて楽しませようとしている感じが伝わって(めっちゃ噛んだりするけど!!)好き。可愛い…、、

 

○タクローさん

・1日目は「もう(GLAY  DEMOCRACYの7つの)公約やめる!…足りない( 笑 )」という話や、「この長年でファンレターも変わった。封筒が黒とか茶だし、分厚くなった…( 笑 )」という話……


・2日目は「韓国行って鼻が真っ直ぐになっても!目がぱっちりしてても!気にしないでください!」とのことでした( 笑 )

あと「GLAY、久しぶりにテレビに出ます!!」って超絶重大発表してて泣けた。

まあそれが今ではTHE MUSIC DAY音楽の日、FNS歌謡祭だとわかったわけですが…GLAYさんなかなか歌番組に出ないからファンになって初めて4人で演奏しているのをテレビで見るのよ……MUSIC DAYはすでに終わりましたが、本当に最高だった。

 
しかし今回MC少なすぎたよね(;_;)

喋るGLAYも好きなのでとても物足りなかった……永遠にMCしてください…(????)

 

 

【感想】

 
1日目は全てが初めて体験するものなので結構心の赴くままに見ていましたが、その後ネタバレ有りのレポを読んで「あー!こういうところに注目したらいいのか…!」みたいなものが多かったので2日目は色々と着目して観た…気がします( 笑 )

まあ結構レポ観ると「えっこんなことしてたの!?」みたいな見落としだらけだったのでライブってそんなもんだよなあと思いつつ...(?)

 
あとは振り付けとか歌う箇所とか、割と普通に1日目「あっわからん……」ってなった場所があったので、バッチリ復習して2日目は超絶歌うところは歌って飛び跳ねました。アンコールでの我を忘れた感が凄すぎた。あんなにアガったライブなかなかない。

 
席も2日目が一気に近くなりすぎて。メンバー全員肉眼で…しっかりと観れて(;_;)ただ目薬さしておけばもっと見えたかもしれない…っていう後悔はあります、、( 笑 )けど!!!!!めちゃめちゃ見えたから!!!!!多分今までのGLAYのライブで一番近かったんじゃないかなあ。(プレデタは最前経験あるけど) 

 

ヒサシさんの美しさが…やばばばかった。47歳男性!?絶対嘘だあ!!!!ほんとにド美人だったなあ。細かった。いま私ダイエット中で1ヶ月半で5kg痩せたんですけど(!!)この調子で頑張ろうと思いましたね。ヒサシさんほどにはなれずとも。。

 


HEAVY GAUGE、個人的にはとても大好きなアルバムで(シングル曲はサバイバル以外シングル版が好きでありますが)再現ツアーがあるって決まった時から楽しみにしていたのでとっても印象に残る良いライブだったなあと…

そして再現ライブは昨年にピロウズのものも行きましたが、やっぱり行った後に聴き直すと違った聴き方ができたりしますよね…色々と思い出す。GLAYに限っては、ヘビゲに限らず色んなアルバムをまた改めて聴きなおそう!ってなってここずっとGLAYしか聴いていない…( 笑 )

 
いやあ、もうなんだろう?GLAYって最高のバンドだなって改めて感じたし、わたしの中の一番はゆるぎなくGLAYなんだなって。そう思えたライブでした。

 
色んな音楽を聴く人間だけど、やっぱり戻ってくる場所はGLAY第二の実家!!!

 
GLAYへの愛が溢れてしまい、色々書きたくなっているのでまた改めて投稿したいなあと思います。(そういえば、このブログの数少ない記事にGLAYにハマり始めた頃のものがあるのですが懐かしい……)


では!!!!!!また!!!!!!