紺のように、碧く。

語彙力ないヤツがたまに現れて何かを書くヤツ。

ボヘミアンズのライブ is toki@meki../ ~ファン歴2か月オンナの初参戦~

どうも!ぺキティー、、改め、紺碧です!!!!

今回はTHE BOHEMIANSのライブ参戦について書いていこうと思います。

THE BOHEMIANSとは、前回の記事でご紹介した通り、とっても素敵なバンド!(前回の記事が一部のボヘファンに見つかってしまいまして・・・大変恐縮です、有難う御座います!)そんなボヘミアンズのツアー、12月7日の福岡公演に参戦しました!ライブに行くに至った経緯や当日のお話、そして信じられないまさかのことが起こったので書いていきます。よろしくううう!!!!!(にしてもtoki@meki../が通じる世代っていつまでなんだろうか...)

 

➀ライブに行くまでの話

前回の記事を書いてからもボヘミアンズへの気持ちはあふれるばかり。しかし、ツアーはいくか迷っていたのです。なぜかって?卒業研究の中間発表会が翌々日に控えていたからです!!!!!!!!!わたしは大きい出来事があるとすごく身構えてしまう人間なので心から楽しめないのではないか?と思ってしまい、だいぶ迷っていました。

しかし、ある日のこと。わたしは深夜まで講義で使うパワーポイントの作業で追われていました。集中力が続かなかったので途中でネットサーフィンしていたんですが、そこで行き着いたのはボヘのツアーのチケット情報。まだチケットが手に入るらしいじゃありませんか!

その前にも卒研の作業中に切羽詰まってすごいストレスでしんどくなって一旦休憩!と言わんばかりにボヘを聴いたんです。もうね.....感激しちゃって。なんだろう、音楽で励まされるっていう意味が分かったというか。わたしにとって音楽は、大好きなんだけどただただ楽しいものに過ぎなかった。でもこの出来事があってから音楽って偉大だなと改めて感じるようになりました。

...そういうこともあって、深夜テンションのわたしは迷っている暇などない!!!はやく!!チケットを手にするのだ!!!!!!となり、その日の午前中に大学前のコンビニで発券しました。

 そうそう、ツイートの通り、こんなに急速に大好きになったのはGLAY以来だなあと思ったので、運命も感じていたので余計に行くしかないじゃんってなりました。卒研は何とでもなるだろ...ともうこの時には思っていました!!ちなみ本当になんとかなりました(時間の都合で口頭試問がわたしまで回ってこなかった最高の奇跡)

...ほんとにこの判断は間違っていなかったと褒めちぎりたい。発券してからというもの、アルバムを聴いては、時たま回ってくるレポや公式ツイッターの写真をみてはウキウキしていました。特にジャンさんの紫リップ!!!!!!!!!生で拝めると思うだけでしんどかったです。

 

 

➁当日を迎えてからライブ中までの話

まず、この週は気持ちが沈んでおり、すんごくひきこもっていました。なので、思ったように動けず...爪に黒のマニキュアを塗ろうと思っていたのにできませんでした(何気にすごく後悔)

この日の服装は、ヒートテック2枚に真紫のTシャツにライダース、裏起毛の黒のスキニーに靴紐を銀ラメに改造した黒コンバース!!!メイクはもちろん黒シャドウ囲みにダークカラーのリップ!!!...バカ細かく書いたけど。( 笑 )もうなんか、自分のしたいようにしてました。

会場は割と馴染みのある親不孝通りというのもあり、行くまでの緊張はあまりなかったです。で、到着してからがね。周りを見渡すと皆さんお洒落なこと...わたしも自分なりにはお洒落していたのですが、一人で来たのもありなかなか緊張してました!

 

いざ、開場してまずグッズを買いました。ライブ終わってからも追加したのですが、キーホルダー2種、メンバーの顔写真Tシャツ、ポストカードを買いました~~~!!(今考えたらなぜシングル買わなかったんだ...?)ボヘはグッズまでも神なのか?と惚れ惚れしながら場所確保。下手側の3~4列目に着けました。

 

さあ、やっと本編の鼻塩塩。(エルシャダイ通じます?)まず、言いたいのが、

THE BOHEMIANSは確かに実在してた。信じてなかったわけじゃないけどさ。画面越しでさえもあまりにも眩しすぎて...3次元に存在しているのか不安になったりしてたのでね、、登場した瞬間にうわああああああああァァアアアアアアッッ!!!!!!!!ってなった。そして、それと同時に左耳の危険を感じた。スピーカーがすごく近かったのでハイパー爆音だった!!!すっかりそのことを忘れていて2日ぐらい耳がヤられていたので、次は場所気をつけなきゃな...と思いました(あほな話すいません)

気を取り直して!ライブについて書ーーーく!セトリ、MC全部とかはわたしが書く必要はないかなと思うので、ここからはド新規であるわたしがただただ感じたことを書きます。

 

【ライブ全体について】

もう、最高でした。ライブってこれだなと。ロックンロールをあんなに間近に体験できるってなんて幸せなことなんだろうって。なんかよくいわれている言葉として、「他人を楽しませるためにはまず自分たちが楽しまなきゃいけない」っていうのがあると思うんですけど。ボヘミアンズの5人は本当に皆さん楽しんでロックンロールをやっていたと思います。ロックンロールとは音楽の一ジャンルではなく、目に見えない生きてるもの...名詞というか動詞だなとも思いました。ナニイッテンダ感が強くなりました、すみません。とにかく、あの空間にはロックンロールと愛がありました。幸せでした。

セトリとしては、新譜とベストしかほぼほぼ聴いてなかったけどほとんど知ってました。安心...!特に後半はブチ上がりましたよねえ!?気づいたらわたしノッリノリだった。聴きたい曲は大体は聴けたけど、何曲かはこれ聴きたかったな...っていうのがあったので、これからのライブで聴けるといいな。

あと、ミュージシャンがダイブするのを見届けるのが初めてでしたが、全然怖くなかったし(?)後半は玉入れがあったり、わかりやすく面白いものもたくさん提供して下さってて楽しかったなあ・・・

なんかざっくりとなってしまいましたが、本当に参戦して良かったと思えるひと時でした。

 

【メンバーについて】

 もう、最高でした。(パート2!)一人ずつ、書いていきましょうか。

・ぱんださん

→ロックスターだった。フロントマンになるべくしてなったアイドルでした。登場したときの空気感が違った。そんでもってすんばらしく整ったお顔が...金髪を上品に魅せていて強かった。透き通ったブラウンの瞳も素敵だったな。あと、正直ちょっと怖い方なのかなあと思っていたのですが、めっちゃ誤解でした...すみません。ぱんださんは、ただただロックンロールを愛している純粋な方なんだなって思いました!MCからもファン想いなところが垣間見えて...あったかかった。とんでもなくキュートな方でした。頭ぶんぶんして汗を振りまいていたのが最高でした。

りょうさん

→凛としたクールなお姉さんだった。細かった...そりゃ初見で性別間違えるわ...。でもその見た目からは想像できない力強いギター!!大好きなギターソロ沢山聴けてテンション爆上がりでした。わたしはばりばり下手にいたので、あんまり近くでは拝めなかったけれど。素敵な楽曲を有難う御座いますの気持ち。ぱんださんと並んでると嗚呼、唯一無二だなあと感じました。次はもっと近くで拝みたい。

・先生

→生で見ないと分からない魅力があるなあと思いました。愛称の通り、先生のようにどしっと構えてて動じない...包容力のある方だなと。渋くてかっこいい!!!!!!!あと、鍵盤が正式なメンバーにいるバンドって行ったことがなくって。だからすんごく新鮮でした。ドラマティックな音色最and高。あとハットがハマりすぎてて...先生のために存在するアイテムなのでは?????

・ほっしー

目力最強EYE☆すぎた。一番近くにいたのにさ、目が合ったら撃ち抜かれるゥ!!と思ってあまり見ることができませんでしたよ、まったく...。流し目もめちゃくちゃかっこよかった。そんでゴリゴリなベースの音がたまらんかった。Please Mr.Yes-Manのイントロ特にたまらなかった。大好きな音でした。あと、演奏中オラオラなのにMCは天然炸裂してて可愛かったです……その上に「愛してるよ」とかいっちゃうなんてラブホリ……ハア、素敵。

・ジャンさん

→美の暴力。いや、もうわたしなんかが書かなくてもファンの皆さんわかっていることだと思うけど...貴公子すぎない??画面で見ていた百億倍かっこよかった。ドラム叩いてるとき伏し目でなんて麗しい!と思っていたんだけど。もうさ...MCでさ、顔を上げて目に光が取り込まれた途端に瞳がキラキラ輝いて、そのお顔で「今日が一番メイクが上手くいきました!」とか言われたらもう...気絶するわ!!!!!!!!!恋に落ちる音がしました。脳の処理追いつかないぐらいに衝撃で...絶対あの瞬間瞳孔開いてたわ。紫のリップ着けたお姿、画像では拝見していたけれど...半端じゃない程似合っていた。しかも紫は紫でも、グリッター入りだよ...フリーザにならないってどういうことだ?MCでの衝撃がもう頭から離れません。メロメロです。ああ、SUKI。

 

ド新規なので本当のところは違うかもしれないけど、わたしには5人がこう見えました。とにかく、5人とも神様が張り切って作りすぎてない!??って思いました。あの距離で拝めるなんて、生きててよかった。これに尽きる。

 

 

➂ライブ直後の話

...ある意味、ここからが本題です。(相当長い前振りでした)

終わって、とりあえずドリンク交換しなきゃ!と思ってトマトジュースを選択。ライブ後のトマトジュースは最高だって去年のSURFACEのライブで思ったのでね。どうでもいいね。そんで、飲んでたんですよ。周りを見渡すと、ファンの間でのコミュニティっていうのかな...かたまりがあったり。一人参戦って割とよくあるので慣れてはいるのですが、やっぱりいいなあ~って思ってて( 笑 )とりあえずさっさと飲み干して帰ろ!って思ってたら。なんと、、「あの...ブログ書いてた方ですか?」と2人組の方に話しかけていただいたのです!!!!!!!!もう、びっくりしちゃって。あんな小規模なアカウントでひっそりと生息している人間が書いたブログを読んでくださっている方と出会えるなんて!!!!ちょこっと拡散されてただけでも嬉し恥ずかしの気持ちでいっぱいだったのに!!読んでくださった方に出会えるなんて、、自己顕示欲高めコミュ障オンナにはもう嬉しすぎてェエエエエ!!?????なんと、開場のときからわたしのこと気づいていらっしゃったらしいです。めっちゃ恥ずかしい!( 笑 )もうなんか、好きなことについては話が止まらないタイプのコミュ障が故に、自分でも引くぐらい会話していました(多分喋る量が多いだけですんごい中身がなかったと思われますが)...超絶新規の話をニコニコしながらきいてくださって感謝感謝でした。あとメイクとか言動とかべた褒めされてしまい、もう一生分褒められた気さえしました。有難う御座いました・・・

 

そして、最大の出来事。多分、人生最大といってもちっとも大袈裟ではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

千葉オライリー(と無法の世界)様にサイン&握手していただいてさらに写真撮っていただきました.....!!!!!!!!!!!!!!!!!信じられます?いや、信じられませんよね。わたしもです。でも、確かに手元にはサインと写真があるんです。世にも奇妙な物語 in voodoo lounge~って感じです。はーーーーーーーー。数日たっても未だに心此処にあらず状態です。とりあえず、書きましょう。(多少というか、だいぶキモオタ要素が出てしまっているので割と閲覧注意...)

 

 

 

 まず、先ほどお話したお二方が県外の方だったので、駅まで送ろうと声を掛けたところ「出待ちするんですけど、もしよろしければ、、」とのことで。...出待ちってジャニオタ出身の人間なわたしは馴染みのないものだったので、していいものなのか、、?と思ってたのですが、全く問題はない場所でしたし...何よりもやっぱり憧れるものがありまして。すごくワクワクしてました。とはいえ、もうそろそろか...?ってときにはもうめっちゃ緊張してました。( 笑 )でもお二方が本当に良い方で、話が尽きなくって。そのうえ、「寒いでしょ...?無理しなくていいからね!」というお言葉や、同じジャンさんを好きな方に「マッキー持ってます...?」とマッキーを貸して下さり(しかもわたしに先に持たせてくださいまして...感激いたしました.....)本当に嬉しかったです。

 

そして、いざ、ご本人様登場・・・となり。

...ヒトって本当に信じられないときって頭が働かないですよね。なんだか変に冷静だった気がします。しっかしながら、メイク落とされてもなおかっこよすぎて...クラクラしました。あのメイクで来られていたらきっとぶっ倒れていたと思うのでよかったです。(?)

まず、サインを携帯ケースにいただきました。ココアシガレットのケースだったからか「なかなか...イカした....ケースだねえ」って言っていただきました。嬉しい。確かあの時わたしは「好きになって3ヵ月で来ました...」と話したような気がするのですが...よーく考えたら、タイトルの通りまだファンになって2ヵ月しか経ってないんですよね。信じられん。そして、握手を...というかジャンさんから差し出していただきました。冷え性なのでめちゃくちゃ凍った手だったために、ジャンさんの手がすごくあたたかかったのですが...めっちゃ冷た!!!ってなったと思うのです......こちらを読むことは地球がひっくり返ってもないと思うんですが、握手して下さり有難う御座いました...一瞬だとは思いますが、手を冷やしてしまいすみません、、、

サインと握手...現実...?と思っていたら、気づけば写真を撮っていました。気づけば、は言いすぎですけど..あまり記憶がな...い......(あまりにも現実味がなさ過ぎて、写真を確認したのも帰りの電車か何かでしたよ...)

なんだろうね、本当にヤヴァイ。よく考えてください。推しにサイン握手写真...なんか、実感なさ過ぎて逆に震えとかがなかった。脳の処理が鈍くてなんか....去った後に放心状態になったというか。わたし、今月1日が誕生日だったんですけども、ライブでさえめっちゃ誕生日プレゼントだったのに....もう...ね......(土下寝)

 

あ、あと、これかなり個人的な話です。(ここから見たくない人は見ないでね~~~~~~~~)

 

 

 

 

わたし恋人いない歴=年齢の人間な上に、基本的に「好き」という気持ち...「人間的な好き」すらもいくつかのトラウマのせいで異性に向けることなかなかないんです。(「恋愛的な好き」が分からないだとか、恋愛対象は決め込んでないけれど今のところは異性だと思っているのでこの状況つらい...というお話はまたいつか)なので好感すら基本的に異性は会うことのない方々、要するに有名人しか持てなくて。異性との接触すら普段必要最低限の人間なわたしにとって、すごく夢のようなドキドキなひと時でした。有難う御座いました。ちなみに、写真はわたしがあまりにも雪崩顔だったので自重させていただきます。(とか言ってどっかには投稿したんですけどね)どうです?キモいでしょ!!!!!!!!!!!!

 

初めての環境拒絶人間なので一人のままだったら完全に帰っていたし...もう本当にお二人に感謝です。たくさんの御気遣いを本当に有難う御座いました。こんな新規すぎる人間に優しいファンの方に出会えて幸せです。わたしもこんなファンになりたい...。またお会いしましょう!

 

④数日たった今の話

とりあえず、わたしと関わっている人々に今回のライブの話しまくりました。ほんと浮かれすぎてません????そして、本当に普段異性との接触がないからでしょうね、友だちに写真見せると一瞬彼氏できたと思われる珍事件がありました。そんなわけがない。ちょろいので喜んだけど。

でもほんと、写真を見るたびにヴァーーーーーーってなる。未だにあまり直視できない。「忘れられない 恋せずにいられない」とはこのことでしょうかね。キモオタすぎるよね~~~ッハハー!!でもちゃんと善悪の区別はつく人間ですから...ツイートしまくるよりかは幾分かマシだと思いたい。ジャンさんを始め(こちらを読むことは地球がひっくり返ry)、こちらを読んでドン引いた方...本当にすみませんでした、、

そうそう、なんていうか、20歳を過ぎてからわたしの音楽観が固まってきたような気がして。今まで好きだったバンドに対して、今出会うバンドに対して、なんとなく自分にとってこういう存在だなってわかるようになってきたのです。そんな中、偉そうになっちゃいますが一生好きでいるだろうな」って思えるバンドにですね、、THE BOHEMIANSは入りました!!!!!!!!!イエーイ!!

いやあ、GLAYと同じ惚れ方をしたのでその時点で間違いなかったんですけども...もうなんていうか、パーフェクトすぎて「なんでわたしは今まで魅力に気付かなかったんだろう?」って思っちゃいます。でもいいか、こうしてちゃんと気づけたんだから。わたしは参戦した際、前回のブログ同様に新譜とベストの2枚しかまともに聴いていない状態だったのですが...やっと他のアルバムも聴き始めました。その中でも「見える女」にハマっております。小島真由美さんチックなレトロな世界観が最高です。...まだまだ聴いていない楽曲がたくさんあるのに今の時点で心動かされまくりなので、この先知っていくのが、好きになっていくのが楽しみです。愛しています、ボヘミアンズ。

このように(!!!)めちゃめちゃに新規なのに語りたがりで面倒なしゃしゃり人間ですが、これからも見守ってていただけると幸いです。

 

そういや、卒業研究提出の締切まで1ヵ月を切りました。留年は早くに確定してるのでいい意味で緊張感がありません。頑張ります。to Heart深キョンが「愛はパワーだよ!」って言っていたのでわたしもそれを信じてやったります!それでは!